2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

小学校低学年での学力に差をつけるなら・・・

中学入試が終わりホッとしたところですが、進学研究室では来年の入試に向けてスタートです。

中学生・高校生の定期テスト対策、そして、国公立大学入試、北海道公立高校入試と進んでいきます。

 

受験生に感化され、1・2年生の定期テスト対策にもかなり熱が帯びてきました。

 

 

これから小学校に入るお子さん・小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんに、お話をする2月20日(月)のセミナーのテーマの1つでもありますが、「先取り学習」について少し考えてみたいと思います。

 

 

「先取り学習」と「予習」は違う

 

お子さんの将来のことを考えて準備をしていくときに、「先取り学習」という言葉をよく耳にします。例えば、英語を早くからスタートして学んでいき、学校の授業では楽しく、スムーズに学習できるようにするというイメージでしょうか。

 

「先取り学習」をしていると、授業で学ぶ内容を先にわかっている状態で授業にのぞめます。

小学校低学年のお子さんであれば、わかっている内容を学習するので、「わからないことがない」・「できてうれしい」と感じて勉強することが楽しくなり、好きになるお子さんが多いです。

 

一方、「予習」とは、先に学習するという意味では似ていますが、学校の授業に合わせて、少し先を学んでいくイメージでしょうか。

Ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_s

 

「できるから楽しい」を「楽しいからできる」へ

 

どうしても学年が進むにつれて、覚えることが多くなります。

学習する内容も難しくなっていきますし、学習量も増えていきます。

 

お子さんが成長してくると、どこかで先取り学習した分の貯金が無くなってしまいます。

ですから、「できるから楽しい」から「楽しからできる」という学習の方向を変化させる必要が出てきます。

つまり、できるようになるプロセスを楽しめるようにお子さんを導く必要があるのです。

 

それは、毎日の学習で「予習」をするようにすることです。

これからの学習では、自分で調べること・自分で判断することが大切になってきます。

 

このお話の続きは2月20日(月)のセミナーでお話をさせていただきます。

小学校低学年までのお子さんをお持ちのお母さんを対象にしたセミナーを行いますので、もしよろしければご参加ください。

セミナーの詳細はこちらから



自分から勉強するようになる【須藤マジック】の秘密

11日(土)の朝は、教室の横に行列ができていてびっくりしました。

サッポロファクトリーでは雪ミクのイベントがあり、そのための行列でした。

 

進学研究室では、学年末テスト対策講座を行っています。

 

「須藤マジック」自分から勉強するようになりました!

 

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

とお褒めの言葉をいただいたので、やる気についてお母さんがすぐにできることについてお話をしてみたいと思います。

 

お子さんが、やる気になって学習をすることが当たり前になり、自分が「やればできる」ように思えるようになることは、すごい変化だと思うのです。

 

この生徒さんは、1年以上大手の学習塾に通っていて、家庭学習もほとんどせず、やる気も全く感じられず、成績が上がらずにいることを悩んだお母さんから相談をいただきました。




このお母さんに、最初に【お願い】したことがあります。

【お願い】の通りにしていただくだけで、自然とお子さんがやる気になるきっかけをつかむことになります。

 

 

この【お願い】は2つあります。

 

1つめは、お母さんがお子さんの学習について熱心になっていただくことです。

29df6f62c4c94d3e82980c6ea551e623_s

学習のことを学校・学習塾などに任せきりにすることなく、お子さんの学習についてやる気を継続するための声かけをして、ほめることなどをして欲しいと思うのです。

 

2つめは、お子さんの成績が上がると「期待」をしていただき、ゆったりとした気持ちで見守っていただくことです。

 

お子さんはいきなりの大きな変化を怖がる・嫌がる傾向が強いです。

学習塾を変えるだけでも、大きな負担かもしれません。

 

特に学習塾をいくつも変えているようなお子さんの場合は、学習塾を変えたくらいでは、「どうせまた成績は上がらない。」と成績がこれまでの学習塾と同じようなくり返しで成績は上がらないとしか考えられないことが多いのです。

 

つまり・・・

お母さんの言う通りに塾を変えてもどうせ成績は上がらない

 

と考えているのです。

そういう考えが染みついているお子さんを変えるには、周りがまず変わらなくてはいけません。

お子さんの成績が上がると期待し、やる気を継続できるように声をかけ、見守り続けることがスタートなのです。

 

ピグマリオン効果をご存知でしょうか。

人は期待をされるだけで、その期待に応えようとするという効果です。

239a0e7d8094e40d65726752563ff32e_s

お母さんが最初に期待できないようでは、誰もお子さんには期待できないのではないでしょうか。

しかし、無条件にお子さんのことを信じられる・期待できるのはお母さんだと思うのです。

 

「勉強しなさい!」としかるよりは、「まず、何から勉強する?」というような感じで、お子さんのことを期待しながら・信じながら見守ることをして欲しいのです。

 

お子さんが不安なく、やる気が出るように導くように、こっそりサポートをしていただければと思うのです。

 

2

 

2月20日(月)に小学校入学前のお子さん、小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんに向けたセミナーを西区民センターで行います。

『小学校入学前にお母さんがはじめておきたいこと』

 

2月20日(月)10:00~11:50

参加費1000円

 

詳しくはこちらから。

 

 

 

 

2018年の高校入試はスタートしている。

札幌市立開成中学校の入試結果も出て今シーズンの中学入試は終わり、進学研究室として良い結果に満足しています。

 

先日、2月4日(土)にセミナーを行いました。

お母さんのための知らないと怖い高校入試対策セミナー【こっそりサポートのすすめ】と題して、お話をさせていただきました。

16402903_944515455684184_8624138879

 

当日、ご参加いただけなかったお母さんからも、セミナーの内容をぜひにという声をいただいております。

 

その一部をこのブログでお話できればと思います。

 

これから高校入試に向けて準備をする中2・中1のみなさんはもちろん、小学校3年生くらいまでのお子さんをお持ちのお母さんに知って欲しい内容です。

ぜひ、学力の土台作り、得意科目を伸ばすなどして、準備をしてもらいたいと思います。

 

今回のセミナーは大きく3つに分けてお話をしています。

 

今年までの高校入試の細かい出題内容の変化について

2017年の出願状況と志望者の学力的な分布について

中学2年生からの教育改革を踏まえての高校受験について

 

高校入試が終わったらすぐに大学入試がスタートするイメージですが、どの教科を得意科目にするのかは、重要な選択になります。

Bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s

高校入試でどのような経験を積むのかをしっかりとイメージして、準備を進めたいとところです。

 

知識だけではなく、理解をした上での学習を行い、高校受験でしっかりと勝つというのが理想的ではありますので、そのポイントについてお話をさせていただきました。

 

今週発行するメルマガではもう少し突っ込んだことをお話したいと思いますので、メルマガ登録がまだという方ぜひ登録もお願いします。

メルマガの登録はこちら

2017年北海道公立高校入試出願変更中間状況をみてのオレ的視点

2017年1月28日(土)の北海道新聞朝刊の札幌圏にコメントを載せていただいてから、志望校について、学習法について、2月4日のセミナーについて、また、教室について、電話・メールでの相談が増えています。

 

新聞をきっかけにして、このブログをご覧にいただき感謝しています。

20170202_193350
(北海道新聞から)

1日に発表になった出願変更中間状況を見て感じたことを自分なりに感じたことを「オレ的視点」として書いていきたいと思います。

 

伸び負けはしたくない

 

TOP高・進学校の受験生は、これから3月7日の入試当日までに、「伸び負け」をしないように、そのために何をどうするのかを考えて準備を進めて欲しいと思います。

 

志望校について内申ランクが足りないという受験生はほとんどいません。

当日に「どれだけ点数を積み重ねることができるか」という点がポイントになってきます。

 

北海道学力コンクールの1月実施の結果をみても、得点上位の志望人数は大きくは増えてはいない状況で、志望者の平均からボーダーライン前後の層が多くなっており、激戦となっているようです。

Bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s

本人の良さを引き出す学習戦略を!

 

このボーダーライン前後の受験生にとっては、3月7日までに「得点を伸ばすために何をするのか?」学習戦略が大切になってきます。

受験生の持っている良さをどのように引き出して準備を整えていくのか、性格や経験、今までの学習状況などを踏まえ、効率的に集中して計画的に進めていただきたいと思います。

 

もし、戦略的な部分でお悩みでしたら、2月4日(土)のセミナーにご参加ください。

中1・2年生の方をメインにしたものではありますが、今後の大学入試などに向けての話をしますので、お気軽にご参加いただければと思います。

セミナーについてはこちらから


北海道公立高校入試2017年オレ的傾向

北海道公立高校入試は、27日(金)に倍率発表です。

 

北海道学力コンクール(道コン)の入試情報セミナーに参加してきました。

今年の傾向についてお話を聴き、個人的に分析してきたことも含めて、「北海道公立高校入試」オレ的2017年の傾向をまとめてみました。

 

志望校について出願変更しようかどうかと迷ったり、悩んだりしたときに、少しでも参考にしていただければと思います。

6a3e11850f77f193f71b2e9aefeb9ecd_s

今年道コンと昨年度までの道コンの結果を比較し、入試問題の傾向、北海道教育委員会からの発表などを参考にしております。

 

2017年の大きな特徴「内申ランクと得点力」と言えます。

 

TOP高については、札幌南は絶対的なTOPの位置付けであり、志望者もそれを理解した上で準備をし、志望をしているようです。

北・西・東についてはボーダーライン前後の受験生は、これからの伸びがカギになりそうです。特に、理科・社会を得意とし得点源としている受験生の場合は、少し工夫して受験当日をむかえてください。

 

C・Dランクの受験生の志望先問題は今年も注目せざる得ません。

札幌開成高校普通科の定員減からクローズアップされていることですが、2016年は、旭丘・国際情報への出願が大きく増えたわけですが、2017年は、少し手堅く出願している層が注目です。

87fbd293de8c81738eadd3a1245bebac_s

全体的に、内申ランクが上だから安心できるという受験ではないようです。

 

内申ランクと当日点を比較すると、得点力が物足りない層が多くなっているように感じます。内申ランクがギリギリで、ボーダーに点数が少し足りないという受験生にはチャンスかもしれません。

 

これからの期間で準備をしっかりと行い、得点を伸ばすことで逆転し、合格を手にすることは可能な学校が多そうです。

 

倍率が上がれば、当日点のボーダーも上がるのが普通ですが、ボーダーが上がらないという学校も上位の学校でもありそうです。

6f6ae54575a93a16db418ca3ed24cb28_s

受験生には最後まで気を抜かずにがんばってもらい、「伸び負け」をしないようにしてもらいたいと思います。

 

まずは今週末の学力コンクールをしっかりと受験し、自己採点・見直しをして力にしていただきたいと思います。

 

出願変更についての志望校相談を行います。

 

1月29日(日)のみ 料金 30分間 1万円

 20:00~

 20:45~

③21:30~

 

下記の内容をお知らせの上、お申し込みください。

現在の志望校と変更候補

学力テストABCの5教科それぞれの点数と合計点数

北海道学力コンクールなどの模試の結果

内申ランク

 

対面をご希望の場合は、進学研究室で行います。

電話・スカイプなどをご希望の場合はその旨もお知らせください。

(PAYPALによる事前の支払いをお願いしますので、電話・スカイプをご希望の場合はクレジットカードの支払いのみになります。)

 

お申込みはこちらから

お急ぎの場合は、011-596-9071までお電話ください。

20170125_155129

【北海道・札幌のお子さんにあった中学受験とは?】

札幌では中学入試がほぼ終わり、ほぼ結果の方が出ました。

うちの進学研究室の生徒さんは、市立開成中の1次も合格し、
中学受験塾ではありませんので人数は少ないものの
生徒さんががんばってくれたおかげで100%合格しました。
(市立開成中の2次も、もちろんがんばります。)

過去5年間でみても、北嶺中・市立開成中を含め、
全員合格の結果に、ありがたく思います。


6b5fd534eee8aff3276c359f7ced1a8e_s

正直、6年生の夏休みの模試などは、あまり良くはありません。

本人が合格したいと思い、点数を伸ばしたいと考えた時に、
そのタイミングをねらって、土台を作り、成績を伸ばせるように、
準備をしています。

「得意なこと」・「自慢できること」を増やすようなイメージで、
お子さん本人の自信を作っていくように心がけています。

ですから、夏休み以降に大きく成績を伸ばし、
自分の得意なことを活かして合格しているのです。


43d031bef1908e308b91d7cec3aefb57_s

札幌は、中学受験の歴史は浅く、首都圏・関西圏などの
中学受験が盛んな地域と比較すると、経験値・スキルなどが、
これからなのは仕方のないことだとは思います。

首都圏・関西圏などで中学受験を経験しているからこそ、
私自身も、北海道の、札幌のお子さんに合うある中学の
入試に強い独自の指導法を作っていきたいと考えています。

保護者の方に待っていただくことは、心苦しいことでは
あるのですが、お子さんの成績を伸ばすには、
成長・タイミングが重要だと理解していただき、
協力をしていただき、本当に感謝しています。

中学受験の専門の教室ではありませんし、個人の教室のために
不安に感じる部分も少なくはないと察しますが、
目先の成績にブレることなく変わらずに
お任せいただけたことをありがたく感じています。


29df6f62c4c94d3e82980c6ea551e623_s

これからもお子さんを一気に伸ばせる大切なタイミングのために
お子さんにそれぞれに合わせた仕込みをし、土台を作り、
その瞬間を活かせるような準備をしていきたいと思います。

やっと、この土地に合う中学受験が見えたような気がします。
うちの教室にお子さんを通わせていただいた保護者の方に
本当に感謝いたします。

メルマガはじめました。
もしよろしければ、登録いただければ幸いです。

登録はこちらから

中学1・2年生は冬休みが終わっての最初のテストが大切!

北海道の場合、ほとんどの小学校・中学校で、

3学期がはじまって2~3日すると、テストが行われます。

C75a8157e989bbb5e5d5de740770a743_s

コンテストだったり、コンクールだったり、

名前は違う場合もありますが、

漢字・計算・英単語など30~50問程度のものです。

1_2    

この冬休み明けのテストは結果にこだわって、

成績を伸ばすきっかけにして欲しいのです。

2

短時間でもくり返すことで覚えられ、

実際に結果も出やすい内容です。

 

学校によっては100題の中から、

50題を出すというようなところもあり、

前日にしっかりと準備をするだけでも違います。

 

準備をすること、くり返し学習することで、

結果を出せる、うまく準備をすることができると、

高得点・満点が取れるということを

お子さんに経験してもらうには良いテストなのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆お母さんのための知らないと怖い高校入試対策セミナー

小学校高学年から中学2年生のお母さん向け

2月4日(土)18:30~20:50
札幌エルプラザ 中会議室 参加費2000円

◆小学校入学前にお母さんに知っておいて欲しいこと

小学校低学年・入学前のお母さん向け

2月20日(月)10:00~11:50
西区民センター 大会議室 参加費1000円


お申込み・ご質問などはこちらへ
http://u0u1.net/AFyK

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

志望校が厳しいと言われたときにお母さんがするべき〇〇

志望校が厳しいと言われた。

 

 

最近のご相談で多いのが、

やはり志望校のことです。

 

 

こんにちは。須藤です。

 

札幌は大雪の影響で
渋滞など大変になっています。

 

43ded0734cbe62a143c0d40b0f002914_s

私は雪の中で転んでしまい、

半月板損傷・・・
歩くのに苦労しています。

 

みなさんも、ケガなどにはお気をつけください。

 

 

まず、【厳しい】と言われたことに

お子さんと一緒にショックを受けたり、

動揺したりはいけません。

 

冷静に捉えていきましょう。

 

Bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d_s

 

厳しいといわれたことを

分析していきます。

 

 

 

誰が言ったことなのか?

なぜそのような判断をしたのか?

その判断を下した根拠のデータは?

 

608085

この3つを確認せずに、

志望校を下げてしまう
受験生は意外と多いのです。

 

 

より詳しいお話を

メルマガでさせていただいております。

 

2016121518時に
発行のメルマガをぜひご覧になってください。

メルマガの登録はこちらから

三者面談のための茶話会を行います。

志望校をどうしようか迷っている・・・

冬休みの学習について悩んでいる・・・

今のままで大丈夫か心配・・・

 

 

お悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

茶話会を急遽行います。

 

127日(水)13:0016:00

途中参加・退席が可能です。

当日になっての参加も

お気軽にどうぞ。

参加の申込はこちら


場所はカフェ・ラ・バスティーユです。

参加費1000円と

飲食代をご負担ください。

 

カフェ・ラ・バスティーユの地図


 

小・中・高の学習について、

お話をさせていただきます。

ぜひ、ご質問・ご相談ください。

学力テストBから大きく成績を伸ばすためには戦略が必要

受験は、やはり自己責任です。

学校の先生や塾の先生が言っている通りにすれば良いとは限りません。

(それは第一志望への合格率が100%ではないことからわかると思います。)

 

お母さんが受験に関わることで、しっかりと親子で考え、後悔の無いように受験に向けて準備をしてはいかがでしょうか。


C7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

学力テストABCで点数が伸びない・・・

志望校を下げる相談を学習塾からされた・・・

志望校をもうあきらめてしまっている・・・

 

 

お子さんが上記のような場合は、

すぐにお母さんが動くべきだと思います。

 

 

家での勉強の様子をみていると・・・


ヤル気があるのか?
集中して勉強をしているのか?

不安になってくるのではないでしょうか。

それでも・・・

本気を出して勉強すると・・・

D681ab9d4fd18a0443f1602aedb710df_s

成績が伸びるのではないか。

点数も志望校も上がるのではないか。

 

そう期待してしまうのもわかります。

 

この時期から成績を大きく伸ばすためには、

 

受験戦略が必要になります。

 

お子さんの良いところ・得意なところは何かを把握し、それをよりこれからの学習で活かすように、教科それぞれで得意なことに力を入れて学習することで成績を伸ばしていきます。

 

受験戦略を立てるということは、点数になりやすい学習内容を集中的に学んでいくことで、点数をできるだけ短期間で伸ばす計画を作るということです。

6f6ae54575a93a16db418ca3ed24cb28_s

 

この時期から学習塾を変えて、やることを決めるだけではもちろん成績が伸びるわけではありません。

 

偏差値が40台から偏差値60台へ、受験までの短期間で伸ばすためには、お母さん・学習塾からのサポートが必要になります。

お子さんの学習がどのような状況なのかをきちんと理解し、一緒に確認していくことはお子さんを勇気づけ、安心して入試対策を進めていける理由の1つになります。

 

志望校選びなど、本人に任せるのはキケン!

どうしても受験生だけで志望校を決めると、楽な方に決まってしまいます。

お母さんが関わることで、楽な方に流れていくのは食い止める。

 

お子さんのやる気は、志望校合格のために何をするのか、細かいところまできっちりと決めると全然違います。

 

これなら大丈夫!と思える合格までのSTEP、つまり、受験戦略を立てることで、まずはやる気が変わってきます。

2b1242a0763dc3d931a43a5122b22ec2_s

問題演習でできない問題ばかり出てくると、普通のお子さんはやる気を失ってしまうかもしれません。

しかし、受験戦略を理解しているお子さんは、できないことを予測して理解しています。

ですから、できないことは自分を伸ばす壁だと知っているので合格のために楽しんでチャレンジできるのです。

 

これから大きく成績を伸ばして、志望校にチャレンジしたい受験生は、学習戦略を立てることをお勧めします。

 

学習戦略を立てるためのセミナーを11月5日(土)18:30~21:00で参加費2000円で行います。

 

詳細のご案内はもうしばらくお待ちください。

予約申し込みしたいという方は、shingaku.sapporo@gmail.comまでメールをお願いします。

より以前の記事一覧