2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

今のうちに考えておきたい!高校入試とインフルエンザ

今年は新型のインフルエンザが流行・・・そして、季節性のインフルエンザも・・・
ワクチン接種も迷っている方も多いと思いますが、受験生の多くが心配なのは・・・
 
 
受験当日に、インフルエンザにかかってたらどうなるの?
 
 
基本的に、当日体調が悪い場合は、高校に申し出て保健室などでの受験という流れだと思うのですが・・・
 
 
 
【毎日jp】新教育の森:新型インフル 受験生の救済策は 公平性の確保、日程…多くの学校が苦慮
 
大学受験の方では、インフルエンザについての対策がすでに進んでいるみたいです。
高校入試では地域によって差があるみたいです。
 
 
 
北海道ではどうなっているのでしょうか。
 
【北海道新聞】新型インフル 受験の機会確保したい(10月28日)
 
【北海道新聞】私立高が追加入試 石狩管内、新型インフル流行継続なら(10月22日)

 
私立高校では、すでに対策を追試という方向で発表されています。
 
公立高校では・・・

北海道教育委員会サイト-高校入試
北海道教育委員会サイト-新型インフルエンザに関する対応

まだ方向性が決まっていないようです。

 
 
受験生が今からやれることを考えてみると・・・

手洗い・ウガイ・マスクなどで予防することは習慣化していきましょう。
  
今から直前の追込み学習をイメージして、睡眠時間が確保できるように計画していきましょう。
 
学習時間と睡眠時間が確保できるように、他に使っている時間を効率化させてみましょう。
 

 
他にもやれることはあると思います。
予防接種については悩む方もいるかもしれませんが、可能でしたらしておいた方が良いと思います。

 
 
★進学研究室では、無料で志望校についての相談をさせていただいています。
 
メールでのご相談をお待ちしています。

ご希望の方はメールaaa@kitty.jpまでお願いいたします。
(携帯からの方は@kitty.jpのメールを受信できるように設定お願いいたします。)
 
 
数学の裁量問題対策に!
規則性の問題を極めたい受験生へ。

親と子どもの学力

学力格差=経済格差 なのでしょうか?

YOMIURI ONLINE「親の収入高いほど子供は高学力、でも…


収入が多いことから、学習塾に子どもが通うことができるので、子どもの学力が高いと朝からのテレビ・ラジオではしているものが多いみたいです。

たしかに、教室に通ってくれる生徒さんの成績を上げていくように努めていくのが学習塾の立場ですが・・・

09年私立高入試日程

【北海道新聞】道内私立高09年度入試 A日程43校に

説明会などに参加していると日程の説明があるので、
ある程度はわかっていたことかと思います。

石狩一学区化にともなって、
私立高の受験にも大きな変化があるのかどうかは、
気になるところです。
去年からの流れ、今年からの新たな形で、
光星高校・大谷高校・第一高校がどうなるのか・・・


光星高校について、
ボーダーがどうなっているのか、
検索をしてこちらに来る方が多いようなので・・・

詳しくは、高校の説明会・相談会で確認して欲しいとは思いますが、
昨年の入試よりも、学習点(内申ランク)は厳しくなりそうだと思った方が良いようです。

今年のセンター試験出願者

【北海道新聞】センター試験に54万4千人志願 道内は1万9千人

センター試験まで残りわずかな日数になりました。

受験生には効率良く準備して、
センター試験の当日には、
ベストの状態で臨んで欲しいと思います。

うちの生徒さんも、センター試験の準備真っ最中です。

道コンセミナーのニュース

【北海道新聞】上位校、旧学区外の志望者増加 中3動向調査 1学区化の石狩管内

セミナーの内容が記事になっていました。
記事だけ読むと少し難しいと感じる部分はあるかもしれません。
塾に通っているようでしたら、
先生に解説してもらうとわかりやすいと思います。

11月3日の段階での話ですから、
学力Cの結果も、期末テストの結果も、
まだ出ていないときの話です。
8月の結果から見ても、
大きく動いている部分もありますし、
中学校の進路指導で、
例年より時間がかかっているという話も聞きますから、
まだ、志望校が固まったとは言えず、
落ち着いてはいないような状態ではないかと思います。

12月7日行われる「進路決定オープン模試Final(道コン事務局主催)」くらいで、
例年と同じような感覚で、
今年の受験動向を見ることができるのではないでしょうか。


冬休み前に行われる三者面談の結果で、
受験校を決めることになるのだと思います。

学力テストは終わってしまいましたが、
「進路決定オープン模試Final(道コン事務局主催)」
「学力コンクール1月」
などで力を試すことができます。


ランクが・・・
点数が・・・
という志望校の決め方ではなく、

自分の本当に行きたい志望校を目指して、
がんばって欲しいと思うのです。

石狩一学区化について

今日(10月15日)のUHBスーパーニュースの特集として、北海道公立高校入試の石狩一学区かを取り上げられるようです。

明日の学力Bに向けて、対策授業が大詰めです。
AからBの間で、どれだけ彼等の意識が変わり、どれだけがんばれたのか、少しでも結果になって現れてくれればと思います。

市立高校説明会

【北海道新聞】札幌市立8高校 一学区化で影響は? 合同学校説明会に6700人

合同説明会には多くの生徒さんが参加したようです。
教室の生徒さんによると、混んでいたこともあって、じっくりと比較するという感じではなかったみたいです。
今年から石狩は1学区になりますので、関心が高さは伺えます。

道立高校の説明会も、夏休み終盤で行われますので、ぜひ自分の志望校を見学しておいてもらいたいと思います。

09年度北海道公立高校入試-学校裁量

09年入試の学校裁量分について発表がありました。
それの一覧が7月5日付け北海道新聞朝刊にあります。

【北海道新聞】普通科4割強で推薦入試 09年度の道内公立高

詳しくは昨年のものと比較はしていませんが、パッと見た感じで・・・教室に近い札幌開成高校の普通科で、学力重視に9:1→10:0に変わっています。

石狩1学区化と裁量問題

【北海道新聞】高校入試に「裁量問題」 使用校10月公表 道教委「奇問、珍問ない」

【北海道新聞】札幌圏版に「カウントダウン学区統合」の上が今日(6/24)の朝刊に載っています。
P1000219
先日行われた北海道学力コンクール事務局主催の学習塾対象セミナーの話題も載っていた。
すでに発表された内容から、裁量問題(選択問題)への対応の準備は進めています。
当初2割程度が選択問題にという話だったが、4分の1~3分の1ということであれば、夏期講習ではかなり重要視して対応しなくてはいけないでしょう。

他の県の問題のように、問題を読んで考えて解かなくてはいけない問題が出題されると考えて準備は進めます。
より考えることのトレーニングを重視した夏期講習になりそうです。

公立高校入試に難問!

【北海道新聞】入試問題学校が選択 道内公立高 「難問」も用意 英数国で来春

次の入試から、学校によってレベルの違う問題を選択できるようになりました。
これによって、「ミスをしなければ勝てる入試」がどうか変化するのかを楽しみです。

進学研究室としては、英数国に力を元々入れて入試の準備を進めてきました。
論理エンジン・パズルなどをより重視して、本物の学力が生徒さんにつくようにしていきます。

ただ来年からということであれば、もう少し早く発表していただきたかったと思います。
石狩1学区化で不安な上に、さらに混乱するような詳細の良くわからない問題の選択制の発表です。

とにかく、力を地道につけていくことが今やるべきことです。
中3生のみなさん、がんばりましょう!

より以前の記事一覧