2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

400点をお子さんが目指すなら、秘密にしておきたいテスト直前にお母さんがやっあげたいこと

こんにちは。

 

お子さんの良さを引出すコンサルで

お子さんだけの学習方法を作る

学習スタイリスト須藤真臣です。

 


札幌市内の中学校の多くはテスト直前かと思います。

残り2~3日という学校が多いと思うのですが・・・

 

お子さんが400点をねらっている場合、

お母さんがするべきことについて考えてみます。

 

※5教科で400点前後というお子さんが対象です。

 

 

明日(13日)は午前授業という中学校が多いと思います。

 

テストまで残されている時間の中で、

準備に使える時間はトータルで15~20時間くらいでしょうか。

 

1教科3~4時間になります。

 

テスト直前だから、特別です。

いつもとは違うことを考えなくてはいけません。

 

目標は1教科80点以上です。

 

合計400点以上を取るために、

まずは攻める教科と守る教科をはっきりさます。

 

1学期末テスト範囲で考えると

数学・英語は比較的点数につながりやすいので、

攻めたい、つまり90点以上を作りに行きます。

 

ミスによる失点をしないように、

教科書・ワーク・プリントの全体を見直します。

 

お母さんには間違えた問題だけを集めてあげること。

1

書き写すなどしてまとめて、

本人のミスをまとめた問題集を作ってあげます。

 

どういうときにミスをしているのか

傾向がわかればそれも一緒に確認します。

 

守りながらも点数を取りに行く教科は、

「穴」になっている内容が無いかを確認します。

 

お母さんはテスト範囲表を片手に、

すべての範囲を学習しているかどうか

やっただけで終わっていないかをチェックしてください。

 

2・3年生で理科・社会を苦手にしている場合は

守りに入るようなイメージを強めに持った方が良いかもしれません。

2

範囲が長ったリ、覚えにくい語句があったりと

「穴」になっているところを比較的ていねいにinputから。

 

400点をとれそうで、とれないお子さんは

「やってはいるが、できていない。」ことが多いのです。

 

範囲表と相談しながら、ミスの多い問題・穴になっている内容を

しっかりと詰めるように残された時間を使って欲しいのです。

 

ぜひ、お子さんのミスった問題を集めて

できる化をサポートしていただきたいと思います。

 

<<イベント・セミナーのお知らせ>>

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ママのおしゃべりカフェ19トーク

 20170608

勉強のこと・進路のことを気軽にお話しましょう。

【毎月19日開催】問合・申込フォーム

https://goo.gl/X0Y0df

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

●須藤真臣の学習法メルマガ登録フォーム

https://goo.gl/SWXVN8

 

●進学研究室への相談・問合フォーム

http://my.formman.com/t/3JJp/

 

●「進学研究室」塾長の嫁★須藤緩奈★が語るMam The Bible

http://ameblo.jp/mamthebible/

 

1学期末テスト直前!お母さんがやるべきことは怒ることではなくて。

こんにちは。

 

お子さんの良さを引出すコンサルで

お子さんだけの学習方法を作る

学習スタイリスト須藤真臣です。



札幌市内の中学校は、

1学期末テストが近づいてきました。

 

早い学校では、今週からテストになります。

 

さて、お子さんのテスト勉強はどうでしょうか?

 

1学期末テストは、非常に重要なテストになります。

 

内申ランクを重視する北海道の場合は、

確実に結果を出しに行きたいテストです。

 

「うちの子は信頼できる塾の先生にませているから大丈夫」

F53c0038d070f912b37219451b32b38d__2

このような声が聞こえてきそうですが・・・

塾の先生の立場としては・・・

 

お母さんにも協力をお願いしたいのです。

満点を取るために。

 

協力をしてくださるお母さんは多いのですが、

東西南北を目指すお子さんで、

もう少しという場合にはぜひお願いしたいのです。

 

テスト前です。

お母さんにもなりふり構わずに

テストで点数を取るために動いて欲しいのです。

 

自分ではできないから、

手伝って欲しいお子さんは多いのです。

 

しかし・・・

手伝って欲しいとはお子さん本人からは

怒られることになり、言えるわけがありません。

 

 

お子さんが自転車に乗る練習をしていた

小さいころをぜひ思い出して欲しいのです。

2b330a2deff00b31855bb00753909fc8_s

補助輪をつけた自転車で、

転ばないように手で支えていませんでしたか?

 

支えてくれているから大丈夫

補助輪があるから大丈夫

 

そうお子さんは感じ、

安心して自転車をこぎ出せるのです。

そして、それをくり返していく中で

自信をつけて一人で自転車に乗れるようになります。

 

 

テスト前の特別な時期です。

特別に手伝ってあげてください。

 

一緒にテスト範囲を確認するだけでも違います。

一緒に英単語の確認をするだけでも違います。

一緒にプリントをチェックするだけでも違います。

 

東西南北のようにTOPレベルを目指す時に

足りないとお母さんが感じるのであれば、

サポートをしてあげることで、

その課題を一緒に克服してあげて欲しいのです。

 

お子さんが困っていること・悩んでいること

それぞれ違いますので、

 

お母さんが手伝えることがあるかい?

 

やさしく聴いてあげてください。

 

 

 

<<イベント・セミナーのお知らせ>>

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ママのおしゃべりカフェ19トーク

 

勉強のこと・進路のことを気軽にお話しましょう。

【毎月19日開催】問合・申込フォーム

https://goo.gl/X0Y0df

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

●須藤真臣の学習法メルマガ登録フォーム

https://goo.gl/SWXVN8

 

●進学研究室への相談・問合フォーム

http://my.formman.com/t/3JJp/

 

●「進学研究室」塾長の嫁★須藤緩奈★が語るMam The Bible

http://ameblo.jp/mamthebible/

 

期末テストまで残り10日を切ったら、内申ランクC・Dランクの中学生のお子さんにお母さんがどうかかわるか?

こんにちは。

 

お子さんの良さを引出すコンサルで

お子さんだけの学習方法を作る

学習スタイリスト須藤真臣です。

 

 

札幌市内の中学校の多くは10~15日くらいに1学期末テストが行われます。

 

内申ランクがC・Dランクの中3で

がんばろうというお子さんのお母さんへ

 

できれば内申ランクを上げて進学校をねらいたい

なんとか実力を伸ばして、あのTOP高を目指して欲しい

 

そういうお子さんのテストの準備について考えて欲しいのです。

 

 

100点(満点)をねらっていますか?

 

TOP進学校を志望するためには

Aランクか、Bランクを取りたいですよね。

 

07b9d3a3e234b003e0deaba196ae3f9a_s

必要なランクを取るためには成績で

5が絶対に必要になります。

 

内申ランクを考えると5がいるのです。

 

そのために必要な点数は85点以上です。

 

つまり・・・

 

教科書・ワークの問題を確実にできるようにしてるのか?

学校の授業の内容をしっかりとわかっているのか?

その準備にプラスして問題演習を繰り返しているか?

 

 

学習塾のテスト対策をしているから大丈夫では困ります。

Ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_s

ぜひ、お母さんが試験範囲の調子を

この時期だからこそ確認してあげてください。

 

自分一人でできているようで、できていないお子さん

それがC・Dランクのお子さんなのです。

 

ちょっとしたお母さんの手助けで、

テスト対策が楽になり点数を伸ばすお子さんは実は多いのです

 

 

<<イベント・セミナーのお知らせ>>

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お子さんの学習について塾の先生語る塾トーク

【毎月19日開催】問合・申込フォーム

https://goo.gl/X0Y0df

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

●須藤真臣の学習法メルマガ登録フォーム

https://goo.gl/SWXVN8

 

●進学研究室への相談・問合フォーム

http://my.formman.com/t/3JJp/

 

●「進学研究室」塾長の嫁★須藤緩奈★が語るMam The Bible

http://ameblo.jp/mamthebible/

 

効率の良い学習法について考える

2017年4月25日の授業で生徒さんに話しているところの冒頭です。

家庭学習のためのテキスト・問題集を選び-テキストセレクトセッション

プロが選んだ参考書・問題集で。

お子さんが楽しく学べる。

 

 

苦悩が続いた、テキストの選び方、そして、使い方。

実際に、試行錯誤を続けてきたこの20年間。

 

ほとんど家では、勉強しないというお子さんが

どうしたら毎日、続けることができるようになるのか。

 

結果、見出せたのは・・・

やり方・テキスト・サポートを組み合わせた

 

「家庭学習の方程式」

 

その重要な要素の1つ、テキストについて

新学期からの学習に役立てられるように、

人数限定の特別セッションをご案内します。

 

春の数日間のスタートが重要になるため

4月15日(土)まで、7日間限定のご案内となります。

 

そして、お子さんに合わせてていねいに

テキストを選ばせてください。

 

限定人数は、小学生10名です。

どうぞ、最後までご確認ください。

Photo_2


進学研究室と同じテキストを譲ってください!

 

うちの教室に遠くて通えないお子さんの

お母さんからいただいた言葉です。

 

たしかに、お子さんのテキスト・問題集を選ぶのは難しいです。

 

20170407_210123
 

春のこの時期になると、私自身も書店に行き、

参考書コーナーをじっくりと見ます。

 

新しい参考書・問題集は毎年発売されるので、

その中身をチェックするのに時間かけています。

 

そこで、よく見かけるのが、

お母さんとお子さんが参考書・問題集を選ぶところです。

 

 お母さん VS お子さん 

 

テキストを選ぶときの会話は

どうしても気になってしまいます。

お母さんとお子さんとで、選ぶ基準が違うので

 

もめてしまうのは、仕方のないことだと思います。

 

お子さんが選ぶもの

薄くて、簡単で、すぐに終わりそうなもの

 

お母さんが選んで欲しいもの

問題の量が多めで、少し難しめなもの

お母さんの気持ちはよくわかります。

 

どうせ家で勉強するのであれば、

少しでも量を多く、少しでも難しい問題を解いて、

お子さんに実力を伸ばして欲しいと思うのは当然です。

 

学校の授業には、ちゃんとついていって欲しい

少しできるレベルで学ぶことを好きになって欲しい

学習するのであれば、実力を伸ばしていって欲しい


わかります。


しかし・・・

 

なんとなく良さそうな気がするとか

こっちがイイと子ども言うとか

解説がわかりやすいと感じるとか

 

実は、テキトーに、選んでいませんか?

 

 

家庭学習テキストセレクトセッションは、

お子さんをサポートしたいお母さんのために行います。

 

 

お子さんの性格

お子さんの実力

お子さんのやり方

 

お子さんの今の状況に合わせて、

お子さんのためのテキストを選びます。

 

Photo_4

本屋さんで売っている本だけではなく、

進学研究室で使っているテキストも含めて

私がお薦めできるものから選びます。

 

お母さんからのお話を伺って、

お子さんの家庭学習用の

テキスト・問題集などを選びます。

 

今回は、小学生のお子さん

10名だけを募集します。

 

学校の授業に合わせたテキスト・問題集

毎日の学習でして欲しいドリル・問題集

お子さんの良さを引き出すテキスト

 

1つの教科に3~4冊を選びます。


中学受験用のテキストは含みません。

札幌市・北海道内のお子さん限定です。

(北海道以外でご希望の方はご連絡ください。)


もちろん、

ただテキストを選ぶだけではありません!


セッション+テキスト

 

使い方の説明も

アフターフォローも

 

だから、限定10名なのです。


Photo_5


セッションは全部で3回行います。


 電話、もしくは、スカイプを使って、

お母さんとセッションを行います。


 現在の学力と成績チェック

テキストを選ぶためにお話を20分程度伺います。

お子さんの学習時間、学力なども伺います。

 

 テキストの効果的な使用法

テキストをお届けした後に約10分行います。

家庭学習のやり方についてお話をします。

 

 家庭学習の進行状況確認

②から10日後をめどに、約10分行います。

実際に学習を進める上で出てきた課題をクリアします。

 

Photo_6

家庭学習テキストセレクトセッション詳細

 

算数1教科のみ 通常12000円を10000円

算・国の2教科 通常18000円を15000円

 

募集人数:限定小学生10名

募集期間:2017年4月15日(土)まで


須藤真臣の学習法セッションは、

通常120分で3万円いただいております。

 

3回で1万円以上のセッションを行い、

テキスト・問題集をお子さんのために選び、

使い方を説明し、フォローを行う特別の内容です。


お申込みは下記フォームからお願いします。

 

スタートダッシュを新学年で決めたいなら、 成績表の先生の言葉じっくりかみしめろ!

春休みも中盤です。

進学研究室は、春期講習です。

 

親子でご相談にいらっしゃる方は、

札幌以外からも多くなっています。

 

学習方法のセッションを以前に受けていただいたお子さんから
どのような変化があったのかをご報告をいただき、
そして、新学年の学習について相談をさせていただいております。

別人のように集中できるようになっていたり
ちょっとしたコツをつかんでテストの点数を上げていたり、

内申ランクを上げていたり、と

 

うれしい報告ばかりで、本当に感謝しています。

 

 

ご相談をいただく中で、気になったのが・・・

 

お母さんの成績表の見方

 

いわゆる成績の部分、

 

中学生で言えば、5・4・3・2・1

小学生で言えば、よくできた・できた・もう少し

 

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

それ以外についても

しっかりとお子さんの成績表をみていただき、

新しい学年での学習に活かして欲しいのです。

 

 

テストの点数のわりに、成績が伸びていない

 

このようなご相談をよくいただいております。

 

そういうお子さんの多くは、学習の記録などをみると、

改善のためのヒントが隠れていることが多いのです。

 

学習の記録の内容は、成績の土台となる行動について、

学校での様子が記録されているわけですから、

それを活かさない手はないのです。

 

担任の先生からのコメントを

しっかりと読み込むことで、

 

そのコメントに込められているメッセージを

しっかりと受け止めたいところです。

 

成績表というと・・・

 

テストの点数

成績

 

ばかりに目が行ってしまいますが、

学力の土台となるような部分も

お母さんにはしっかりと読み込んで欲しいのです。

 

 

そうすることで、お子さんの学習についての

課題が浮かび上がってきた場合は、

新学期までに課題を解決できるようにして欲しいのです。


72点から90点以上に伸ばすために、新中3生のお母さんがすぐにやるべきこと

新中3と新中2になるお子さんをお持ちのお母さんに

学年末の成績が出たら考えて欲しいことがあります。

 

高校受験で進学校、特に東西南北を目指すのであれば

春の時期、新しい学年のスタートはとても重要になります。

 

成績を立て直す必要がある場合は、のんびりは構えていられません。

 

実は、1学期末テストまで100日を切っているのです。

 

成績を見て様子をみる

Ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_s

そういうお母さんは危険です。

通っている塾を変えてくださいということではありません。

 

必要がある場合は、学習塾を探さなくてはいけませんが、

お子さんの成績を立て直せるチャンスは少ないのです。

 

 

続きは後半で。

 

 

未就学児・小学校低学年のお子さんをお持ちの

お母さんを対象にしたセミナーを行いました。

 

「小学校低学年までにお母さんにして欲しいこと」

 

これをテーマに、これから必要になる力、

そして、身につけておきたい習慣についてお話をしました。

 

 

詳しくは、須藤緩奈の【塾嫁ブログ】をごらんください。

参加した方の感想もご紹介させていただいております。

http://ameblo.jp/mamthebible/entry-12257609022.html

 

新中学1~3年生のお母さんを対象にしたセミナーを

土曜日25日14時~16時に行います。

 

今年の入試の出題傾向についても解説します。

春休み・新学期の学習で役立ててください。

詳細はこちらのリンクからお願いします。

直前での参加申込も歓迎いたします。

http://www.kokuchpro.com/event/kososapo20170325/

 

 

学年末の成績を見て・・・

 

お母さんにして欲しいことは、内申ランクの計算です。

 

今の状況を確認してみてください。

いくつ成績が上がると上のランクに行けるのか?

いくつ成績が下がると下のランクに下がってしまうのか?

 

そして・・・

 

目標としている高校のボーダーランクにするために

どのくらい成績を上げる必要があるのかははっきりさせなくてはいけません。

0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

それくらいは計算しているというお母さんは多いかもしれません。

 

問題はここからです。

 

それは後100日で可能なことなのでしょうか。

 

1学期末テストは札幌市のほとんどの中学校では6月の中旬です。

 

今からテストまでの間に中3のお子さんたちは、修学旅行があり、部活動も最後ということで、学習だけすればよいという状況ではありません。

 

 

目標までの内申ランクを伸ばす最後のチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

正直、進学研究室の生徒さんは、2学期からでも偏差値で10~20程度伸ばすお子さんはよくいます。

300点満点のテストでいうと、50~100点を5教科の合計点数で伸ばすお子さんは多いので、10月~12月にかけてのご相談も多いのですが、その時期になると、私がやれることはかなり少なくなります。

 

もっと早く相談したかった・・・

 

このような声をお母さんからいただきます。

うれしいという気持ちよりも、もう少し早くご相談いただければ、志望校を上げることもできたのにと残念な気持ちになってしまいます。

 

 

成績を立て直すお子さんのお母さんの決断はかなり早いです。

学習塾を変えるという場合もあります。

それだけではなく、すぐにお手紙・メールなどでご相談をいただきます。

お子さんの日常をみているお母さんだからこそできることです。

お母さんがやるべきことを区別できていて、すぐに行動に移していらっしゃいます。

 

この春も多くのご相談をいただいております。

 

今まで通っていた学習塾に特に問題があるとか、お子さんの成績が下がっているというご相談はありますが、少ないのが事実です。

 

ブログを読んでいただいたり、セミナーに参加していただいたり、「札幌の塾長」の本や学習法の本を読んでいただいてお電話をいただいております。

 

ご相談の多くが大学受験を意識したものになっております。

 

将来に向けて、苦手科目を特訓したい。

学習方法をしっかりと身につけておきたい。

自然と勉強する習慣を作りたい。

 

このようなご相談が多くなっています。

 

 

ご相談をいただくお母さんの全員といっていいのですが、お子さんのことを細かくみているということに本当に驚いています。

お子さんの成績を伸ばすためにどうしたいのかが明確です。

 

最近は、「須藤マジックをかけて欲しい」というありがたい言葉をいただくこともあります。

 

つまり、お子さんのために、私の力を発揮しやすいうちにと、早めにご相談をいただいております。

 

話がうちの教室の話になってしまいました。

 

 

 

新中3のお子さんをお持ちのお母さんにして欲しいことをまとめると・・・

 

・成績を確認して、内申ランクを計算する

・目標としている高校のボーダーランクとの比較をする

・あと100日にそれを可能にする点数が取れるかどうかを見極める

・難しいと判断した場合、お母さんとしての決断をする

 

07b9d3a3e234b003e0deaba196ae3f9a_s

1学期の成績を伸ばしやすいチャンスを逃さないように、お母さんも行動が必要になります。

 

内申ランクを計算して、厳しいと感じたら、学習塾で何をやっているのかをお子さんのテキスト・ノートなどで確認をしてみてください。

 

過去問を解くだけのテスト対策で「間に合わせの学習」になっていないか?

テスト前の勉強でなんとしよう!

 

それでは勝てません。

 

札幌の東西南北など、

進学校を目指す中学生であれば、

その意識から変えなくてはいけません。

 

テスト前の勉強=テスト対策で、

点数を伸ばすことはできるかもしれません。

 

しかし、テスト前の勉強、テスト対策で、

実力を伸ばすことはできるのでしょうか。

 

お子さんの本当の意味で、

学力を伸ばすことにつながるのでしょうか。

482bf82245e953a64f3a248bcd07246c_s

 

毎日の学習が大切です。

 

毎日の学校の授業が大切です。

毎日の家庭学習が大切です。

毎日の予習・復習が大切です。

 

お子さんの学力を伸ばすには、毎日の積み重ねが大切なのです。

毎日、積み重ねた学習によって、テストの点数が伸びるのです。

 

 

「効率の良い学習」≠「テストの準備でなんとかすること」

「効率の良い学習」≠「テスト前に過去問を解いて覚える」

 

 

テスト前の短い時間でテストの点数が伸びるであれば、効率が良いのではないか?

 

そういう声も聞こえてきそうです。

 

しかし、それはテスト前の「間に合わせの学習」ではありませんか?

 

718565_2

「テスト対策」=「テストの過去問題を解いて覚えること」なのか?

 

テスト対策が過去問を解くことだけになってしまっている学習塾は多くなっているようです。

学習塾が用意する定期テストの過去問をとけば、「なんとかなる」のは、事実かもしれません。

 

過去のテスト問題を解くことが「効率の良いテスト対策」として、過去問を解くだけで十分と感じているお子さんは多いと思います。

 

先生がテストで出題してきた過去の問題を解くことがダメということではありません。

 

 

 

スポーツに例えてみた場合、試合がテストや模試にあたります。

 

試合で勝つために、試合相手の特徴や傾向を分析します。

そして、相手に合わせて実力を出す準備をします。

 

テストで勝つために、テストの出題の特徴や傾向を分析します。

そして、出題に合わせて実力を出す準備をします。

 

持っている力を出すための準備がテスト対策ではないでしょうか。

 

実力を伸ばすのは、毎日の練習・毎日の学習だと思うのです。

 

 

内申点・内申ランクが高くても・・・

 

学力テスト・模試で点数が取れない!

学習塾に通っていても、点数が取れない!

 

このようなご相談は多いのです。

お子さんの成績は、テスト対策でなんとかなっているだけで、実力を伸ばすことにつながっていないことがほとんどです。

 

また、内申ランクが高くても、点数が取れずに志望校を下げてしまう・・・

 

このような話もよく聞きます。

実力がともなっていないお子さんは少なくはありません。

 

ぜひ、新しい学年に進級するタイミングで、学習を見直して欲しいと思うのです。

 

毎日の学習で実力を伸ばすような形を目指して欲しいのです。


3月25日(土)開催

お母さんのための知らないと怖い高校入試対策セミナー
【こっそりサポートのすすめ】

新中1~3のお母さんが対象です。

公立高校入試の傾向
高校入試で求められている力
お母さんにして欲しいサポート

この3つをメインにお話をします。

残席4になりました。

お申込みは下の写真をクリックしてお申込みください。

20170325


 

3月18日(土)開催のセミナーは満員になりました。
ありがとうございます。

※キャンセル待ち受付中です。


20170318_2


苦手な数学を得意にする須藤真臣が薦める3つのポイント

こんにちは。須藤 真臣です。

 

進学研究室のテスト対策期間は実は長く1カ月半ほど今回はあります。

 

それは、中学生だけではなく、高校生の生徒さんも多く、10校以上の学校のテスト対策をおこなっているからです。

 

生徒さんは、教室の周りにお住いのお子さんだけではなく、地下鉄・バス・JRなどを使って1時間近くの時間をかけて通ってくれている遠方からのお子さんも多いのです。

 

 

数学で1位を取れました!

 

高校生が模試の結果を見せてくれました。

確かに、文系で1位、学年で4位です。

 

偏差値 69.8

 

約1年前のはじめて相談に教室に来た時には・・・

 

数学は苦手!

平均点(偏差値50)が取れなかったお子さんです。

 

20も偏差値が上がりました。

 

実は・・・

 

算数・数学が苦手だったお子さんが、須藤が薦めるノートのとり方に変えて、得意になったというお子さんは多いのです。

2_3

小6のお子さんがCMで有名なあの全国的なテストで全道5位、中・高生で偏差値60以上に伸びている数学が苦手だったお子さんの共通点をまとめてみたいと思います。

 

 

お母さんが点数の伸びを期待して、辛抱強く見守ってくれた。

 

苦手科目の点数を動かすには、非常に大きなパワーが必要になります。

 

ですから、簡単にことが運ぶことはマレです。

大人の私たちでもあるように、やらないといけないとわかっていても、気持ちの問題で引っかかってしまうこと、はじめたは良いけど続かないことってありませんか?

それと同じようなことがお子さんにも多いのです。

 

嫌なことでも続くように適切にサポートをしていく、見守っていくということが大切なのです。

 

教科書のレベルを徹底的に学習する。

 

苦手=やっていない

つまり、時間をかけて学習していないというのがほとんどです。

 

ある程度の時間をかけて学習しないといけないのです。

わかっていても、苦手で嫌な数学を何時間も学習するのは苦痛です。

短い時間で結果が出せるようにしなくてはいけません。

限られた時間で結果をだすために最適な問題は、やはり、教科書です。

 

1_2

ノートのかき方を変えて、できない1問に時間をかける

 

苦手から抜け出すためには、間違えた1問・できない1問をしっかりと考えてみることが重要になります。

 

それができるノートのとり方に変えることがとても大切なのです。

 

ノートのとり方ついては、来週のメルマガでも詳しくお話をしていきたいと思います。

 

 

苦手な数学を得意にするためには・・・

 

基本を徹底し、できない問題をしっかりと考える!

そして、お子さんがそれをできるサポートを周りがする。

 

もし、お子さんが数学を苦手にしていたら、基本ができているか、教科書がわかっているかをチェックしてみてください。



自分から勉強するようになる【須藤マジック】の秘密

11日(土)の朝は、教室の横に行列ができていてびっくりしました。

サッポロファクトリーでは雪ミクのイベントがあり、そのための行列でした。

 

進学研究室では、学年末テスト対策講座を行っています。

 

「須藤マジック」自分から勉強するようになりました!

 

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

とお褒めの言葉をいただいたので、やる気についてお母さんがすぐにできることについてお話をしてみたいと思います。

 

お子さんが、やる気になって学習をすることが当たり前になり、自分が「やればできる」ように思えるようになることは、すごい変化だと思うのです。

 

この生徒さんは、1年以上大手の学習塾に通っていて、家庭学習もほとんどせず、やる気も全く感じられず、成績が上がらずにいることを悩んだお母さんから相談をいただきました。




このお母さんに、最初に【お願い】したことがあります。

【お願い】の通りにしていただくだけで、自然とお子さんがやる気になるきっかけをつかむことになります。

 

 

この【お願い】は2つあります。

 

1つめは、お母さんがお子さんの学習について熱心になっていただくことです。

29df6f62c4c94d3e82980c6ea551e623_s

学習のことを学校・学習塾などに任せきりにすることなく、お子さんの学習についてやる気を継続するための声かけをして、ほめることなどをして欲しいと思うのです。

 

2つめは、お子さんの成績が上がると「期待」をしていただき、ゆったりとした気持ちで見守っていただくことです。

 

お子さんはいきなりの大きな変化を怖がる・嫌がる傾向が強いです。

学習塾を変えるだけでも、大きな負担かもしれません。

 

特に学習塾をいくつも変えているようなお子さんの場合は、学習塾を変えたくらいでは、「どうせまた成績は上がらない。」と成績がこれまでの学習塾と同じようなくり返しで成績は上がらないとしか考えられないことが多いのです。

 

つまり・・・

お母さんの言う通りに塾を変えてもどうせ成績は上がらない

 

と考えているのです。

そういう考えが染みついているお子さんを変えるには、周りがまず変わらなくてはいけません。

お子さんの成績が上がると期待し、やる気を継続できるように声をかけ、見守り続けることがスタートなのです。

 

ピグマリオン効果をご存知でしょうか。

人は期待をされるだけで、その期待に応えようとするという効果です。

239a0e7d8094e40d65726752563ff32e_s

お母さんが最初に期待できないようでは、誰もお子さんには期待できないのではないでしょうか。

しかし、無条件にお子さんのことを信じられる・期待できるのはお母さんだと思うのです。

 

「勉強しなさい!」としかるよりは、「まず、何から勉強する?」というような感じで、お子さんのことを期待しながら・信じながら見守ることをして欲しいのです。

 

お子さんが不安なく、やる気が出るように導くように、こっそりサポートをしていただければと思うのです。

 

2

 

2月20日(月)に小学校入学前のお子さん、小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんに向けたセミナーを西区民センターで行います。

『小学校入学前にお母さんがはじめておきたいこと』

 

2月20日(月)10:00~11:50

参加費1000円

 

詳しくはこちらから。

 

 

 

 

より以前の記事一覧