2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

夏期講習で一気に成績を伸ばしたいなら目標を変えろ!

夏休み目前です。
ご相談のお電話をかなりいただいております。

ありがとうございます。

最近のご相談で多いのは・・・

大手の学習塾に通っているけど
進学研究室で学習方法を学びたい!

というご相談です。

20160720_214617

お子さんの学習の目標を
把握していないお母さんはかなり多いです。

親子で違う方向を向いている場合も多いので、
ぜひこの夏期講習で何をやるのかを話していただきたいと思います。

20160720_214650

ご相談にきていたただいたお子さんに
目標を質問するのですが、
「がんばる!」という感じのことを言う
お子さんはとても多いのです。

わかりやすい目標でなければ、
やはり結果は出しにくいです。

20160720_214703

夏期講習でがんばって、
内申ランク・点数を伸ばして、
志望校を上げていきたいという
お子さんであれば、
ぜひこの2つを入れた目標を立てて欲しいのです。

目標が具体的になれば、
やるべきことが具体的になってきます。

20160720_214711

どう変わったのか?
何が変わったのか?

夏休みが終わった時に
変化がわかるような目標を立ててください。

20160720_215112

進学研究室の夏期講習は
お席の方がわずかになっております。

夏期講習で席が空いている
授業時間は上のようになっています。


進学研究室の夏期講習は・・・

75分×12回(6日間)で35000円
75分×24回(12日間)で55000円 になっています。

12日間をご希望される場合はお急ぎください。

夏期講習はこちらのフォームからご相談いただくか、
011-596-9071までお電話をお願いします。
(電話は転送になります。受付時間11:00~20:00)

志望校を上げるために夏期講習で何をやるのか?

三者面談がはじまった中学校も札幌市内はあると思います。
受験生はもう夏休みの過ごし方は決まっているかと思います。

進学研究室にも夏期講習のご相談をいただいております。
残りの席がわずかになってきていますので、ご検討中でしたらお早めにご相談ください。

20160707_214645

上のレベルの学校を目指していくことが
進学研究室の夏期講習のテーマの1つです。

ですから、お子さんの学力を伸ばすための土台、
つまり、学習のスキームを作っていくことが課題になります。

スキームとは難しい言葉かもしれませんが、
プラン+システムというイメージです。

点数を伸ばすための計画のパターンを
作ると思っていただいても良いかもしれません。

20160707_214708

ある分野を学習するときに、
最初は写真の左のように
たくさんのことをしなくてはいけないかもしれません。

その内容を整理したり、
自然とできるように組み替えたりすることで
写真の右側のように手数を減らして
お子さんにあった型を作っていくようなイメージです。

20160707_214815

お子さんがもともと持っている良さを
活用していくことで効率が良くなっていきます。

学習の効率が良くなるので、
非常に受験までの戦略が立てやすくなります。

短期間で大きく成績を伸ばすための土台作りになります。

1学期の成績が思うように取れなくて、
2学期で大きく点数を伸ばしたいというお子さんは
ぜひご相談をしてみてください。

毎年のように、北海道学力コンクールで
偏差値10以上伸ばすお子さんがいます。

ぜひ、その土台作りに夏期講習にご参加ください。

進学研究室の夏期講習は・・・

75分×12回で35000円
75分×24回で55000円 になっています。

こちらのフォームから夏期講習についてお問合せください。

2学期が始まる直前だから、ボーダーラインを超えることを目標にする!

夏のこの時期ならではのボーダーラインの見方をして欲して、
志望校合格にいち早く動き出してください。

動き出すために、ボーダーラインとの差をはっきりさせてください。

どうしたら、ボーダーラインを超えることができるのかをプロと相談することで、2学期の学習の方向を決めましょう。

夏休みにやってきたことを確認して、2学期からの本格的な受験の準備を進めることは大切です。
塾の先生と相談しておくと効率が良く、結果を出すことが近づくと思います。

20150811_174009

ボーダーラインはどのように決まるのでしょうか?

前年の入試の結果で決まっています。
つまり、前年の3月の入試で合格した人の実力を表していると思って良いのです。

今、ボーダーラインを越えている必要はありません。
入試当日までにボーダーラインを超える実力をつければ大丈夫です。

ボーダーラインを目標として考えることで、2学期にやるべきことが浮かんできます。
2学期に何をするのかを時間をかけて、精査するのが大切です。

自分の点数と、ボーダーラインの点数との差をどのように埋めるのか? とても重要なテーマになります。

少しでも上をねらう北海道の高校受験生ならどのボーダーラインを使うべきか?

ボーダーラインを越えた!
ボーダーラインに足りない!

そういう声をよく聞きます。

しかし、夏休みのこの時期にボーダーラインを使うなら、もっと積極的に使ってみた方が良いのではないでしょうか。

3月の入試で志望校に合格するためのヒントになることがボーダーラインからわかることがあるのではないでしょうか?

20150802_163449

まず、大切なことですが、北海道の公立高校のボーダーラインの情報をきちんとしたものを集めます。

道新受験情報
多くの方が手に入れやすいのが、普通の本屋さんで手に入ります。
20150807_174405

Milestone
北海道学力コンクール事務局が発行しています。
学習塾の多くがこちらを活用していると思います。
20150807_174938

具体的な数字も出ているので、
Milestoneをぜひ手に入れて欲しいと思います。


通っている学習塾のものでもかまわないので、
まずは信頼できる情報を集めて欲しいと思います。


2015.8.11追記

ボーダーラインの中に入っているから

絶対に合格する!ということではないのです。

ボーダーラインの中でも残念な思いをする人がいる。
ボーダーラインの外でもうれしい結果になる人がいる。


そういったこともわかる資料を志望校を選ぶときに
見ておく方が良いのではないかと思うのです。

ボーダーラインの外から合格している人がいるから、
「合格できるチャンスがある!」というのも短絡的ではあります。
しかし、相当ながんばりで合格する場合があるのも事実です。

Milestoneは一般書店では手に入りません。
通っている学習塾や北海道学力コンクール事務局にご相談ください。

夏休みをムダにしないために東西南北を目指す中学生にはして欲しいこと

この夏休みの学習は予定通りに進んでいますか?

夏期講習であなたの目標を達成できそうですか?

07b9d3a3e234b003e0deaba196ae3f9a_s

そろそろ夏休みの折り返し地点です。
受験生にとっては大切な夏休みです。
夏休みの学習で差が付くのは事実です。

夏休みの学習を振り返ってみませんか?

C9be9dc5cd622495149afaa4da180860_s

夏休みの学習には大きな目的が2つあるのではないでしょうか。

2学期への予習・復習を含めた準備

志望校合格のためのラーニング・リテラシー作り

この2つが進んでいるのかどうかはチェックしなくてはいけません。

ここで気を付けて欲しいのは、単純にテキストなどの問題ができているかどうかだけではありません。
より上のレベルに学力を伸ばすという視点でこの2つができているかどうかです。

そして、最後にもう1つチェックすることがあります。

学習環境です。

夏休みの学習目標を理解して進めているのかどうか
テキストなどの学習内容が本人のレベルと合っているかどうか
今の学習塾を続けることで、志望校合格が見えるのかどうか

こういったことも大切です。
また、夏休みの生活のリズムができているかどうかなども環境としてチェックします。

夏休みをムダにしないためにも、一度チェックすることをお勧めします。

夏期講習の最初に中3生に知って欲しいこと

夏期講習は本格化してきました。

この夏の宿題を進学研究室の生徒さん全員が終わったのでほっとしています。

25日~31日までを夏期講習の前半と位置付けて中3をはじめとする受験生にがんばってもらっています。

20150727_105639

進学研究室の中3はこの前半で、道コンの過去問を3年分行います。

多くの学習塾では、後半で夏期講習の成長を確認するために模試を活用すると思います。

生徒さんの中3の多くは入試について、求められているレベルを知らないのです。
確かに、進学研究室では毎年のように偏差値を10以上伸ばす受験生が何人もいます。
志望校のレベルを2~3段階も上に変更する生徒さんも少なくはありません。

それを求めて進学研究室に通ってくれている生徒さんもいます。
でも、それは簡単なことではないのです。

「甘い考え」の中3が私から見ると多いのです。

ですから、今の学力状況と入試で求められる力の差をはっきりと知ってもらいたいのです。

最初に道コンの過去問を3年分しっかりと解いてもらい知って欲しいのです。
得意教科・不得意教科もわかっていない中3では困るのです。

詳細に自分の今の学力を知ってもらうことが受験の1歩目だと思うのです。


テキストはかなり多いのは確実に力をつけるため

夏期講習のテキスト選びにはかなり時間をかけました。

できるだけ良い問題を解いて欲しい。
たくさんの問題を経験して欲しい。

中学3年生のテキストは量が多いのですが・・・

志望校を上げたい!
東西南北を目指す!

というお子さんには満足してもらえると思います。

北海道学力コンクールの過去問を3年分
通年で使う1・2年の復習用テキスト
夏期講習用のチェックテスト
eトレの復習プリント

20150701_235228

かなりの量になります。

しかし、量をこなすことで、
自分の学習も磨き上げて欲しいのです。

夏期講習用のテキストを3~4セット分をやりきって、
はじめて見える世界があると思っています。

せっかく勉強をしてもらうのですから、
この夏で大きく生徒さんには成長して欲しいのです。