2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

子どもに本を読んで欲しい! だから、本を読んだらおこづかいに100円はアリ?

【オレの読み3大ポイント14-002】

「ハーバード白熱教室
世界の人たちと正義の話をしよう+東北大特別授業」

マイケル・サンデル

Img01950

1 価値基準
価値観や規範、倫理観が社会特有のものであったりすることも。
本を読んだらおこづかいをあげるというケースには、その金額によっても考えが変わる部分もあり考えさせられた。

2 道徳観
道徳的には疑問に感じても、利便性の点で商売になるケースがとりあげられていて、道徳とお金の関係について、道徳の限界みたいなものを感じた。

3 市場の力 VS 心
「経済は資本主義ですが、社会(心)も資本主義で良いのか?」というような言葉にはハッとさせられました。

著者からの問いが投げかけられ、自分自身の「心」が試されていく感じです。
年の初めに、これからの計画を立てるときに、この本を読めたのはとても良かったと感じています。


★オレの読み3大ポイントとは・・・
マインドマップ・スピードリーディングインストラクターの須藤真臣が、
読んだ本の気になること・個人的な感想を
勝手に3つのポイント(キーワード)にしたものです。

【オレの読み3大ポイント14-001】図解 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本

【オレの読み3大ポイント14-001】

「図解 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本」


Img01937

1 公民の教科書+α

2 そもそも、なぜ?

3 経済問題とのつながり


教科書レベルから、そもそもどうなっているのかの解説はわかりやすいです。
教科書で学んだことが、現在の経済問題にどうつながっているのかがわかりました。
高校受験生の公民経済分野の時事問題対策にも良さそうです。
(うちの生徒さんに早速読んでもらっています。)

★オレの読み3大ポイントとは・・・
マインドマップ・スピードリーディングインストラクターの須藤真臣が、
読んだ本の内容を個人的な感想も含めて勝手に、
3つのポイント(キーワード)で表したものです。