2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

家庭学習のためのテキスト・問題集を選び-テキストセレクトセッション

プロが選んだ参考書・問題集で。

お子さんが楽しく学べる。

 

 

苦悩が続いた、テキストの選び方、そして、使い方。

実際に、試行錯誤を続けてきたこの20年間。

 

ほとんど家では、勉強しないというお子さんが

どうしたら毎日、続けることができるようになるのか。

 

結果、見出せたのは・・・

やり方・テキスト・サポートを組み合わせた

 

「家庭学習の方程式」

 

その重要な要素の1つ、テキストについて

新学期からの学習に役立てられるように、

人数限定の特別セッションをご案内します。

 

春の数日間のスタートが重要になるため

4月15日(土)まで、7日間限定のご案内となります。

 

そして、お子さんに合わせてていねいに

テキストを選ばせてください。

 

限定人数は、小学生10名です。

どうぞ、最後までご確認ください。

Photo_2


進学研究室と同じテキストを譲ってください!

 

うちの教室に遠くて通えないお子さんの

お母さんからいただいた言葉です。

 

たしかに、お子さんのテキスト・問題集を選ぶのは難しいです。

 

20170407_210123
 

春のこの時期になると、私自身も書店に行き、

参考書コーナーをじっくりと見ます。

 

新しい参考書・問題集は毎年発売されるので、

その中身をチェックするのに時間かけています。

 

そこで、よく見かけるのが、

お母さんとお子さんが参考書・問題集を選ぶところです。

 

 お母さん VS お子さん 

 

テキストを選ぶときの会話は

どうしても気になってしまいます。

お母さんとお子さんとで、選ぶ基準が違うので

 

もめてしまうのは、仕方のないことだと思います。

 

お子さんが選ぶもの

薄くて、簡単で、すぐに終わりそうなもの

 

お母さんが選んで欲しいもの

問題の量が多めで、少し難しめなもの

お母さんの気持ちはよくわかります。

 

どうせ家で勉強するのであれば、

少しでも量を多く、少しでも難しい問題を解いて、

お子さんに実力を伸ばして欲しいと思うのは当然です。

 

学校の授業には、ちゃんとついていって欲しい

少しできるレベルで学ぶことを好きになって欲しい

学習するのであれば、実力を伸ばしていって欲しい


わかります。


しかし・・・

 

なんとなく良さそうな気がするとか

こっちがイイと子ども言うとか

解説がわかりやすいと感じるとか

 

実は、テキトーに、選んでいませんか?

 

 

家庭学習テキストセレクトセッションは、

お子さんをサポートしたいお母さんのために行います。

 

 

お子さんの性格

お子さんの実力

お子さんのやり方

 

お子さんの今の状況に合わせて、

お子さんのためのテキストを選びます。

 

Photo_4

本屋さんで売っている本だけではなく、

進学研究室で使っているテキストも含めて

私がお薦めできるものから選びます。

 

お母さんからのお話を伺って、

お子さんの家庭学習用の

テキスト・問題集などを選びます。

 

今回は、小学生のお子さん

10名だけを募集します。

 

学校の授業に合わせたテキスト・問題集

毎日の学習でして欲しいドリル・問題集

お子さんの良さを引き出すテキスト

 

1つの教科に3~4冊を選びます。


中学受験用のテキストは含みません。

札幌市・北海道内のお子さん限定です。

(北海道以外でご希望の方はご連絡ください。)


もちろん、

ただテキストを選ぶだけではありません!


セッション+テキスト

 

使い方の説明も

アフターフォローも

 

だから、限定10名なのです。


Photo_5


セッションは全部で3回行います。


 電話、もしくは、スカイプを使って、

お母さんとセッションを行います。


 現在の学力と成績チェック

テキストを選ぶためにお話を20分程度伺います。

お子さんの学習時間、学力なども伺います。

 

 テキストの効果的な使用法

テキストをお届けした後に約10分行います。

家庭学習のやり方についてお話をします。

 

 家庭学習の進行状況確認

②から10日後をめどに、約10分行います。

実際に学習を進める上で出てきた課題をクリアします。

 

Photo_6

家庭学習テキストセレクトセッション詳細

 

算数1教科のみ 通常12000円を10000円

算・国の2教科 通常18000円を15000円

 

募集人数:限定小学生10名

募集期間:2017年4月15日(土)まで


須藤真臣の学習法セッションは、

通常120分で3万円いただいております。

 

3回で1万円以上のセッションを行い、

テキスト・問題集をお子さんのために選び、

使い方を説明し、フォローを行う特別の内容です。


お申込みは下記フォームからお願いします。

 

小学校低学年までにして欲しいことをお母さんがすると・・・

【小学校入学前から低学年までにお母さんにして欲しいこと】

 

このテーマでセミナーを行いました。

ご参加いただいたみなさんには、あらためてお礼申し上げます。

 

お話させていただいたことをきっかけに実践している方がいらっしゃいます。

ブログでその様子を書いてくださっていますので、ご紹介させていただきます。

 

阪内さんがお子さんにしていることをぜひ読んでいただきたいと思います。

特に、「褒め褒め作戦」は参考になると思います。

 

5月13日(土)14:00~16:00で同じセミナーを行いますが、今年は最後の予定です。会場はサッポロファクトリー近くになります。

 

前回はキャンセル待ちを多くの方にいただき、会場を変更して行いました。

ご案内まではもう少しお時間をいただきますが、いち早く席を確保したい方は、お手数ですが、こちらおフォームからご連絡をいただければと思います。


4月15日(土)には、読書について深くお話をするセミナーを開催します。

詳しくは下の写真をクリックしてください。

20170415honsukids


阪内さんのブログは下の写真から。

20170327_180521

 
実際に、やってみての感想をブログにしていただき、本当にうれしいです。


また、須藤緩奈の塾嫁ブログでも前回のセミナーの様子をご覧いただけます。

参加したみなさんの感想もご紹介させていただいております。

下の写真をクリックしていただくと、塾嫁ブログに移動します。

20170327_181034



次回は、5月13日(土)14:00~16:00で参加費は1000円です。

セミナーの参加申込・質問などはこちらのフォームからお願いします


須藤 真臣の2017年3月・4月のセミナー開催まとめ

こんにちは。須藤 真臣です。

春期講習・新学期に向けてのご相談がかなり増えています。
新学期からお子さんの学習法を変えていきたいというお母さんがいらっしゃいましたら、早めのご相談をお願いいたします。
下の写真のリンクのフォームからか、電話でのご相談をお願いしております。

セミナー開催のリクエストが増えております。
4人以上のご参加が確定しましたら、札幌市内・近郊での開催をいたします。
また札幌市以外での開催はご相談ください。

小学校・中学校の家庭教育学級などでの開催は別途ご相談をお願いします。
3月18日(土)14:00~16:00で開催します。
会場は東区民センターで、参加費は1000円です。

募集開始翌日に満員になりました。
ありがとうございます。
会場を変更して開催いたしますが、キャンセル待ちになります。
ご希望の方は下記から主催者問合せにてキャンセル待ちの旨お知らせください。

3月25日(土)14:00~16:00で開催します。
会場はサッポロファクトリー近く(詳細は参加者のみにお知らせします。)です。
参加費2000円です。

4月12日(水)10:00~12:00で開催します。
会場は豊平区民センター(地下鉄美園駅から徒歩8分程度)です。
参加費は2000円です。

20170412honsukids
4月15日(土)14:00~16:00で開催します。
会場はサッポロファクトリー近く(詳細は参加者のみにお知らせします。)です。
参加費2000円です。

教育が変わるから、お母さんがすることも変わってくる

こんにちは。学習スタイリストの須藤 真臣です。

 

高校は卒業式が終わり、いよいよ高校入試を迎えます。

 

 

先日、セミナーを開催しました。

 

「小学校入学前から低学年までにお母さんにして欲しいこと」

 

このテーマで120分お話をさせていただきました。

 

E9b2d5047b349bde0c440bd93c37aa31_s

ポイントとしたのは以下の3つです。

 

2020年からの新しい教育で求められる力について

新しい教育でどのように入試が変わってきているのか

変わる入試のために低学年までにやるべき家庭学習

 

 

参加していただいたからメッセージやブログで

今回のセミナーの感想いただいております。

 

ご了承をいただきましたので、

佐々木 唯 さんのブログをご紹介させていただきます。

http://ameblo.jp/delight-yui/entry-12250767620.html

20170304_155806

セミナーでくり返してお伝えしたことを理解していただき、新しい教育になって学力を伸ばすことを実践していただきうれしく思います。


0a287e186211bceff132adb02e0954be_s



今回、3月18日(土)に、同じテーマのセミナーを行います。

 

14時~16時で、東区民センターで行います。

参加費1000円です。

 

ご案内の翌日には満席になりました。

キャンセル待ちを多くいただき、会場を変更してのご案内です。

残り席僅かですが、下記のページで詳細なご案内をしています。

主催者に参加の旨のご連絡をいただければと思います。

 

http://www.kokuchpro.com/event/170318/

 

 

今後のセミナーの予定

3月25日(土) 新中学生とお母さんのための高校受験対策セミナー

4月15日(土) 小学校低学年までのお母さん向けお子さんのための本の読み方セミナー

 

 

小学校低学年での学力に差をつけるなら・・・

中学入試が終わりホッとしたところですが、進学研究室では来年の入試に向けてスタートです。

中学生・高校生の定期テスト対策、そして、国公立大学入試、北海道公立高校入試と進んでいきます。

 

受験生に感化され、1・2年生の定期テスト対策にもかなり熱が帯びてきました。

 

 

これから小学校に入るお子さん・小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんに、お話をする2月20日(月)のセミナーのテーマの1つでもありますが、「先取り学習」について少し考えてみたいと思います。

 

 

「先取り学習」と「予習」は違う

 

お子さんの将来のことを考えて準備をしていくときに、「先取り学習」という言葉をよく耳にします。例えば、英語を早くからスタートして学んでいき、学校の授業では楽しく、スムーズに学習できるようにするというイメージでしょうか。

 

「先取り学習」をしていると、授業で学ぶ内容を先にわかっている状態で授業にのぞめます。

小学校低学年のお子さんであれば、わかっている内容を学習するので、「わからないことがない」・「できてうれしい」と感じて勉強することが楽しくなり、好きになるお子さんが多いです。

 

一方、「予習」とは、先に学習するという意味では似ていますが、学校の授業に合わせて、少し先を学んでいくイメージでしょうか。

Ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_s

 

「できるから楽しい」を「楽しいからできる」へ

 

どうしても学年が進むにつれて、覚えることが多くなります。

学習する内容も難しくなっていきますし、学習量も増えていきます。

 

お子さんが成長してくると、どこかで先取り学習した分の貯金が無くなってしまいます。

ですから、「できるから楽しい」から「楽しからできる」という学習の方向を変化させる必要が出てきます。

つまり、できるようになるプロセスを楽しめるようにお子さんを導く必要があるのです。

 

それは、毎日の学習で「予習」をするようにすることです。

これからの学習では、自分で調べること・自分で判断することが大切になってきます。

 

このお話の続きは2月20日(月)のセミナーでお話をさせていただきます。

小学校低学年までのお子さんをお持ちのお母さんを対象にしたセミナーを行いますので、もしよろしければご参加ください。

セミナーの詳細はこちらから



自分から勉強するようになる【須藤マジック】の秘密

11日(土)の朝は、教室の横に行列ができていてびっくりしました。

サッポロファクトリーでは雪ミクのイベントがあり、そのための行列でした。

 

進学研究室では、学年末テスト対策講座を行っています。

 

「須藤マジック」自分から勉強するようになりました!

 

7e77c950db559ff2f4a97f738e0c35b5_s

とお褒めの言葉をいただいたので、やる気についてお母さんがすぐにできることについてお話をしてみたいと思います。

 

お子さんが、やる気になって学習をすることが当たり前になり、自分が「やればできる」ように思えるようになることは、すごい変化だと思うのです。

 

この生徒さんは、1年以上大手の学習塾に通っていて、家庭学習もほとんどせず、やる気も全く感じられず、成績が上がらずにいることを悩んだお母さんから相談をいただきました。




このお母さんに、最初に【お願い】したことがあります。

【お願い】の通りにしていただくだけで、自然とお子さんがやる気になるきっかけをつかむことになります。

 

 

この【お願い】は2つあります。

 

1つめは、お母さんがお子さんの学習について熱心になっていただくことです。

29df6f62c4c94d3e82980c6ea551e623_s

学習のことを学校・学習塾などに任せきりにすることなく、お子さんの学習についてやる気を継続するための声かけをして、ほめることなどをして欲しいと思うのです。

 

2つめは、お子さんの成績が上がると「期待」をしていただき、ゆったりとした気持ちで見守っていただくことです。

 

お子さんはいきなりの大きな変化を怖がる・嫌がる傾向が強いです。

学習塾を変えるだけでも、大きな負担かもしれません。

 

特に学習塾をいくつも変えているようなお子さんの場合は、学習塾を変えたくらいでは、「どうせまた成績は上がらない。」と成績がこれまでの学習塾と同じようなくり返しで成績は上がらないとしか考えられないことが多いのです。

 

つまり・・・

お母さんの言う通りに塾を変えてもどうせ成績は上がらない

 

と考えているのです。

そういう考えが染みついているお子さんを変えるには、周りがまず変わらなくてはいけません。

お子さんの成績が上がると期待し、やる気を継続できるように声をかけ、見守り続けることがスタートなのです。

 

ピグマリオン効果をご存知でしょうか。

人は期待をされるだけで、その期待に応えようとするという効果です。

239a0e7d8094e40d65726752563ff32e_s

お母さんが最初に期待できないようでは、誰もお子さんには期待できないのではないでしょうか。

しかし、無条件にお子さんのことを信じられる・期待できるのはお母さんだと思うのです。

 

「勉強しなさい!」としかるよりは、「まず、何から勉強する?」というような感じで、お子さんのことを期待しながら・信じながら見守ることをして欲しいのです。

 

お子さんが不安なく、やる気が出るように導くように、こっそりサポートをしていただければと思うのです。

 

2

 

2月20日(月)に小学校入学前のお子さん、小学校低学年のお子さんをお持ちのお母さんに向けたセミナーを西区民センターで行います。

『小学校入学前にお母さんがはじめておきたいこと』

 

2月20日(月)10:00~11:50

参加費1000円

 

詳しくはこちらから。

 

 

 

 

小学校入学前にお母さんがはじめておきたいこと

小学1・2年ではどんなお子さんでしたか?

どんな学習を小学1・2年生でさせていましたか?

 小さいころに習っていたことはありますか?

 

 


中学3年生の高校受験生から成績の相談をいただくと

小学校低学年のお子さんの様子を質問することは少なくはありません。

 

難関大学を目指す高校生にも、同じように質問をすることがあります。

1

それは、小学校の低学年での「学び」

高校受験・大学受験にも大きく関わっているからです。

 

小学低学年の学習がそんな何年も後のことに関係があるのかと疑問を持つ方はいるかもしれませんが、1万組以上の親子からの学習相談を受け、20年以上学習塾で講師をしている経験から言えることなのです。

 

私の学習塾「進学研究室」では、中学受験・高校受験・大学受験と三回の受験を一緒に乗り越える小学生のころから大学受験まで通ってくれるお子さんはめずらしくありません。

4

長い期間、お子さんと関わっているからこそ、小学生のころの学習が、後の入試にどのように結果として現れるかをお伝えできるのです。

 

小学校低学年まで大きくお子さんとわっているのはおさんです。

 

小学校入学前・小学校低学年の時期に・・・

 

絶対に作っておきたい2つの習慣

お母さんだからできる日常生活での学習

 

この2つをお母さんがお子さんのためにサポートしていると、大きな違いになります。

3

難しいように感じるかもしれませんが、ちょっとしたコツで誰にでもできます。

お母さんがお子さんのためにカンタンにできることです。

 

ぜひ、この講座に参加していただき、お子さんのためにはじめていただきたいのです。

参加申し込みはこちらから

 

 

【こっそりサポート】のすすめ 高校入試対策セミナー2月4日(土)18:30~

公立高校入試についてお話をさせていただきます。



「受験は母親次第!」

 

と言うお母さんはご存知でしょうか。

 

東大理Ⅲへ3兄弟を合格させたお母さんで、

話題になったのは記憶に新しいと思います。

4

きびしい状況から逆転するかのように

合格するお子さんを数多く見てきました。

 

思い出してみると・・・

そういったお子さんのお母さんは、

 

「うまくやるなぁ」

 

と感心してしまうようなサポートを

しっかりとこっそりとしています。

3_2

しかも・・・

それはお子さんを自然と導くかのように、

目立たないようなサポートなのです。

 

今回の高校入試対策セミナーでは、

お子さんを1レベル上の学校に導いた

お母さんたちのサポート、

 

「こっそりサポート」についてお話します!

 

「こっそりサポート」を行う上で

知らなくてはいけないことを、これから受験を迎える

中学1・2年生のお母さん、小学高学年のお母さんに

理解していただき、高校入試へのスタートを

少しでも早く切って欲しいのです。

 

「こっそりサポート」をするために必要な

4大原則を今回まとめました。

2

時代が変わり・・・

入試制度そのものは変わってはいませんが、

入試で求められているものは変わっています。

 

しかし、変わってきた中でも

大きく成績を伸ばすお子さんは少なくはありません。

 

大きく成績を伸ばしたお子さんのお母さんが

どのように悩み、どんなことを考えて、

お子さんのサポートをしてきたのかを

今回のセミナーで知っていただきたいのです。

 

そのサポートは・・・

お子さんは気が付かないことが多く、

目立たない些細なことが多いので・・・

 

「こっそりサポート」

 

と呼ばせていただくことにしました。

1

 

「こっそりサポート」を

 

お母さんが実践するかどうかで、

入試結果で差がつくと考えています。

 

ぜひ、講座に参加していただき、

お子さんの学年末テスト、

新学年のスタートダッシュへの

サポートをお願いしたいと思います。


お申込みはこちらからお願いします。

 

Mousikomi02001_2  

1月28日(土)に大阪で行うマインドマップ講座のお知らせです。

マインドマップ講座に興味を持って頂いてありがとうございます。

マインドマップは私にとって仕事でもプライベートでも欠かせないツールです。

趣味や仕事でも新しい知識を得て、活用しやすいように内容をまとめたり自分の考えや想いを整理するのに使ったりと自分であれこれと考えるのにも大活躍しています。

◎講座や勉強会の時のメモが後から見返したら内容がよく分からない。
◎ノートを取ったのに後から見ると「???」がいっぱい。
◎振り返りたいものがどこに書いてあるか分からない。
◎読書後に内容や感想をまとめたいけど、上手くいかない。
◎勉強の内容をちゃんと残せなくてイマイチ成果がでない。
◎全体を捉えたまとめ方ができるようになりたい。
◎情報整理を簡潔に楽しくやりたい。
◎今の自分のやり方以外に良い方法がないか探している。

Mindmap    

 

こんな風に気になってる事ありませんか?

それらはマインドマップを活用する事で解決していきます。




こんにちは。須藤 緩奈です。

実は、私自身もメモの取り方・ノートのとり方で悩んでいた一人なのです。

20170128_2

須藤緩奈(すどう かんな)

看護師をしながら、進学塾を営む夫の影響でマインドマップなどの脳科学に基づいたツールに興味を持ち深めていく。 2011年、Think Buzan公認 マインドマップ・インストラクター資格を取得。 看護師と進学塾のサポートをしながらマインドマップ講座を開催。

マインドマップはインプット、アウトプットに優れているため、学び、成長していくための最強サポートツールとして広めている。 毎月テーマを決めて行われているマインドマップ講座は「自分に合ったマインドマップの描き方がわかる」と好評で1年以上続いているリピーターの多い講座となっている。

「知るだけで世界は変わる」 「行動で世界を変える」

をモットーに人が「変わるための力」 を手に入れるための活動を展開している。

元看護師
カウンセラー
パーソナルコンサルタント
受験を楽しむ母の会 主宰

主な資格
Think Buzan
公認 マインドマップ・インストラクター
Read For Action
シニア・リーディング・ファシリテーター
日本カラーキューブセラピー協会公認 プロセラピスト
TC
カラーセラピー トレーナー

Photo_5


マインドマップで描いた私のノートを見ると
みなさんわかりやすいのでびっくりします。



『たった1ページに全部おさまってるの?』

すべてが一目瞭然になってます。

しかも!
何年経っても、ついこの間の事のように思いだせるノートになっているのです。

それは何故か?

マインドマップによって脳が自然にシンプルに気持ちよく働けるようにしているからです。 マインドマップは右脳、左脳をもっともバランスよく活用できるようになっています。 だからインプットとアウトプットがとてもスムーズなんです。

今回はリクエストを頂いて大阪講座が実現しました。

今回の講座ではそのマインドマップを楽しみながら知ってもらい、あなたの生活で活用してもらうための初心者さん向けの入門講座です。

Photo_7

講座では
◆マインドマップの基礎
◆マインドマップのルール・描き方
◆インプット、アウトプットのメカニズム
◆記憶力、整理力アップの方法

これらをていねいに学んでいただき、ワークショップ形式で一緒にマインドマップを描いていきます。
受講後もマインドマップを描きやすい内容となってます。

 

講座概要

日時 2017128日 14:00〜17:30
ワークショップ形式の為、終了時間が多少前後する事があります。

参加費 8,000

場所 レンタルスペース 魔女の館 大阪府三島郡島本町水無瀬2丁目7-1

アクセス http://majo-yakata.com/map.html


講座のお申込みはこちらからお願いします。

http://www.kokuchpro.com/event/170128

12月13日(火)茶話会を開催します。

志望校をどうしようか迷っている・・・

冬休みの学習について悩んでいる・・・

今のままで大丈夫か心配・・・

 

 

お悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

茶話会を行います。

 

1213日(火)14:0015:30

途中参加・退席が可能です。

当日になっての参加も

お気軽にどうぞ。

参加の申込はこちら


場所はカフェ・ラ・バスティーユです。

参加費1000円と

飲食代をご負担ください。

 

カフェ・ラ・バスティーユの地図


 

小・中・高の学習について、

お話をさせていただきます。

ぜひ、ご質問・ご相談ください。

より以前の記事一覧