2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 【北海道・札幌のお子さんにあった中学受験とは?】 | トップページ | 北海道新聞2017年1月28日朝刊にコメントが掲載されました。 »

北海道公立高校入試2017年オレ的傾向

北海道公立高校入試は、27日(金)に倍率発表です。

 

北海道学力コンクール(道コン)の入試情報セミナーに参加してきました。

今年の傾向についてお話を聴き、個人的に分析してきたことも含めて、「北海道公立高校入試」オレ的2017年の傾向をまとめてみました。

 

志望校について出願変更しようかどうかと迷ったり、悩んだりしたときに、少しでも参考にしていただければと思います。

6a3e11850f77f193f71b2e9aefeb9ecd_s

今年道コンと昨年度までの道コンの結果を比較し、入試問題の傾向、北海道教育委員会からの発表などを参考にしております。

 

2017年の大きな特徴「内申ランクと得点力」と言えます。

 

TOP高については、札幌南は絶対的なTOPの位置付けであり、志望者もそれを理解した上で準備をし、志望をしているようです。

北・西・東についてはボーダーライン前後の受験生は、これからの伸びがカギになりそうです。特に、理科・社会を得意とし得点源としている受験生の場合は、少し工夫して受験当日をむかえてください。

 

C・Dランクの受験生の志望先問題は今年も注目せざる得ません。

札幌開成高校普通科の定員減からクローズアップされていることですが、2016年は、旭丘・国際情報への出願が大きく増えたわけですが、2017年は、少し手堅く出願している層が注目です。

87fbd293de8c81738eadd3a1245bebac_s

全体的に、内申ランクが上だから安心できるという受験ではないようです。

 

内申ランクと当日点を比較すると、得点力が物足りない層が多くなっているように感じます。内申ランクがギリギリで、ボーダーに点数が少し足りないという受験生にはチャンスかもしれません。

 

これからの期間で準備をしっかりと行い、得点を伸ばすことで逆転し、合格を手にすることは可能な学校が多そうです。

 

倍率が上がれば、当日点のボーダーも上がるのが普通ですが、ボーダーが上がらないという学校も上位の学校でもありそうです。

6f6ae54575a93a16db418ca3ed24cb28_s

受験生には最後まで気を抜かずにがんばってもらい、「伸び負け」をしないようにしてもらいたいと思います。

 

まずは今週末の学力コンクールをしっかりと受験し、自己採点・見直しをして力にしていただきたいと思います。

 

出願変更についての志望校相談を行います。

 

1月29日(日)のみ 料金 30分間 1万円

 20:00~

 20:45~

③21:30~

 

下記の内容をお知らせの上、お申し込みください。

現在の志望校と変更候補

学力テストABCの5教科それぞれの点数と合計点数

北海道学力コンクールなどの模試の結果

内申ランク

 

対面をご希望の場合は、進学研究室で行います。

電話・スカイプなどをご希望の場合はその旨もお知らせください。

(PAYPALによる事前の支払いをお願いしますので、電話・スカイプをご希望の場合はクレジットカードの支払いのみになります。)

 

お申込みはこちらから

お急ぎの場合は、011-596-9071までお電話ください。

20170125_155129

« 【北海道・札幌のお子さんにあった中学受験とは?】 | トップページ | 北海道新聞2017年1月28日朝刊にコメントが掲載されました。 »

受験情報」カテゴリの記事

志望校」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/64809823

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道公立高校入試2017年オレ的傾向:

« 【北海道・札幌のお子さんにあった中学受験とは?】 | トップページ | 北海道新聞2017年1月28日朝刊にコメントが掲載されました。 »