2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 4月の始まりの前に考えておきたいコト | トップページ | 学習法を学んでいただくプログラムですが・・・残席1になりました。 »

あの林先生のテレビを見て思ったこと

これをシェアするのは、やる気のことを言いたいからではありません。


お金をかけて勉強しているという点について書きたいのです。

20160412_214141

http://corobuzz.com/archives/63448

学習塾・家庭教師で勉強をしているのに、志望校への合格が難しい状況になってからの入試直前でのご相談が非常に多いのです。

(北海道の高校入試は内申点の比重が大きいため、中1の時点でもオール3程度の成績では公立TOP高への合格はほぼ無理という状況になります。)


進学研究室でも生徒さんに話すことですが・・・

高校も大学も選ばずに、行けるところに進学する覚悟があれば、勉強はしなくても良いのです。

好きで好きでしょうがないものがあって、勉強する時間がもったいないというのであれば、好きなものを一生懸命にやる方が良いのではないかとも思います。

もちろん、勉強をしなくても志望校に合格することができるのであれば、そのための勉強はする必要はないかもしれません。

多くのお子さんは、「必要があって」、成績を伸ばすために、学習塾には来ているはずだと思います。



学習塾の先生がどんなに良い人でも、お子さんの成績が伸びないのであれば、お子さんにはその教室は合わないということだと思うのです。

近年は、テキストなどの教材やツールのパッケージが優れていますし、WEB教材・動画によって誰でも学習塾の先生はできる時代になりました。


主婦の片手間的な教室、リストラなどによって「子供になら」教えることができると、学習塾・家庭教師をはじめる方が多いのも事実だと思います。


1年以上同じ教室に通っていても成績が伸びない・成果が感じられないのは、先生と合わないということだと疑わなくてはいけないのです。


「一生懸命やってくれる良い先生だから・・・」

という話をよく聞きます。


でも、成績が上がらなくても良いのですか?


当たり前のことですが・・・子どもは「やさしい先生」・「ラクな先生」が好きです。


特に、小5・6から学習塾に通っているのに、「なぜこんな成績が悪いの?」という場合はほとんどと言ってもよいくらいに、お母さんからこのような言葉を聞きます。

お金をかけて塾で学んでいるというということは「お子さんにも」わかって欲しいことではありますが・・・

大きな金額をかけて学習塾に通わせているということを「お母さんにも」わかっておいて欲しいのです。

 

« 4月の始まりの前に考えておきたいコト | トップページ | 学習法を学んでいただくプログラムですが・・・残席1になりました。 »

学習方法」カテゴリの記事

志望校」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事