2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「本番に弱いんです・・・」という高校受験生が直前の3日間だけでもやってみて欲しいこと | トップページ | 冬の大感謝祭2016でテストの結果をほめまくり!? »

北海道公立高校入試前日に、最後に勉強するべきことは何か?2016


北海道公立高校入試の直前になりました。

直前ですから体調管理に大変というお母さんも多いのではないかと思います。

 

直前に受験生が

勉強するべきことは何でしょうか?

20160229_204837


できる問題

できない問題

 

どちらを学習するのが

直前には良いのでしょうか?







どちらも正解だと思います。



でも、少し視点を変えて考えてください。



体調を整えて、入試当日に全力を出せる状態を作りますよね。
それと、同じように・・・

勉強の調子を整えるべきなのです。




ですから・・・


できる問題を解いてできること調子が上がる受験生は、
できる問題を解くべきです。

できない問題を解いてわかることで調子が上がる受験生は、できない問題にチャレンジです。

 



調子が良かった学力テスト・模試の前日はどのように過ごしていたのかは重要なヒントになります。
問題をひたすら解いていたという受験生はひたすらに問題を解いた方が良いかもしれません。


では、最後になんと声をかけるべきでしょう?

ほめれば良いというわけではなりませんよね。

進学研究室では、学力テスト・模試の前に、何をしていたのかを記録しています。
それに加えて、お子さんほめること・きびしくすることを試してきています。
その結果を記録してありますので、結果が良いときと同じようにこの数日は生徒さんと接しています。

ほめるより、きびしくした方が結果の良いお子さんもいるのです。

ですから、
調子が上がるように声をかけます。

最高の結果を出せるように。

 


きびしく怒らなくてはいけない生徒さんもいます。

ですが、それには訳があるのです。

 

きびしく話をして結果が出るからです。

良い結果が出やすいとわかっているからです。

 

 

 

最後にお母さんがどのように声をかけるのかも、結果を出せる状況を作るためには重要ですよね。


ぜひ、受験生のお母さんには、結果の良いときの前日を思い出していただいて、お子さんに声をかけていただければと思います。

 

« 「本番に弱いんです・・・」という高校受験生が直前の3日間だけでもやってみて欲しいこと | トップページ | 冬の大感謝祭2016でテストの結果をほめまくり!? »

志望校」カテゴリの記事

教室のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事