2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 裁量問題対策に。カラフルなマインドマップを! | トップページ | ボーダーラインで志望校を悩んでいる受験生とそのお母さんへ考えて欲しいこと »

ボーダー突破のための三者面談

<p><p>志望校・学習法メール相談フォーム</p></p>

札幌市内では、早い学校では三者面談がはじまりました。

ぜひ、中学3年生の三者面談は、本人が入試に向かって進んでいけるものにして欲しいと思います。

 

三者面談は、
相談の場
ではありません。


家族の方針を
先生に報告をする場
です。




合格のためのプロジェクト


それを
担任の先生にプレゼンする場



と言っても良いかもしれません。

 

「がんばれ!」と担任の先生からの応援をいただくのが目標になります。



そのためには次の3つを必ず先生に伝えましょう。

志望校と選んだ理由

冬休みの学習方針

リスクについて


この3つをきちんと伝えると、本人の決意表明にもなります。

そうすることで、本人のやる気にもつながってきます。

◆志望校と選んだ理由
なぜ選んだのかはお話をしやすいとは思います。
本人の気持ちと親の考えを正直に伝えるのが良いと思います。


◆冬休みの学習計画
1日に何時間勉強するということも必要かもしれません。
ぜひ、目標点(ボーダーライン)とそのための課題と、それを克服する方法を話してみてください。
目標と課題をはっきりすることは、合格に向けてプラスになります。

◆リスクについて
例として・・・
思うように点数が伸びないとき

想定していたよりも志望校の倍率が高いとき

志望校を変更する可能性があるときはどういうときなのかまで話せると、担任の先生も安心です。
いつくらいを目途に判断するのかなども伝えておくと良いと思います。



三者面談をプレゼンとして活用することは


●●高校に進学します!
と本人が宣言をすることなります。
家族と先生に応援されながら受験に立ち向かう儀式になると思うのです。

一人で立ち向かう受験ではなく

家族と先生に応援される受験に変わります。

3月の入試当日までがんばるために、この応援はとても大切なものです。




志望校・学習法メール相談フォーム

志望校・学習法についての無料相談をメールで行います。
相談の受付は、12月19日までの限定とさせていただきます。

100%のお返事をお約束するものではありません。

ご相談のお返事はブログで行いますので、
ご相談内容は公開させていただくことをご了承ください。

*は必須項目です
*ご確認ください。
プライバシー情報を保護し、ご本人と特定できない形式でご紹介させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

無料のメール相談です。すべてのご相談に100%お返事を約束するものではありません。

(確認用)

gmailを使ってご連絡します。
メールの受信の設定をご確認ください。
成績のわかるものを記入してください。
できるだけたくさん記入していただきたいと思います。

学校で行われる定期テストの点数を記入していただいてもかまいませんが、学校ごとのレベル差もありますので、平均的な学校でのお話としてお返事をさせていただきます。

できるだけ北海道学力コンクールなどの点数・偏差値などを記入いただけると助かります。

« 裁量問題対策に。カラフルなマインドマップを! | トップページ | ボーダーラインで志望校を悩んでいる受験生とそのお母さんへ考えて欲しいこと »

受験情報」カテゴリの記事

志望校」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事