2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夏休みをムダにしないために東西南北を目指す中学生にはして欲しいこと | トップページ | 2学期が始まる直前だから、ボーダーラインを超えることを目標にする! »

少しでも上をねらう北海道の高校受験生ならどのボーダーラインを使うべきか?

ボーダーラインを越えた!
ボーダーラインに足りない!

そういう声をよく聞きます。

しかし、夏休みのこの時期にボーダーラインを使うなら、もっと積極的に使ってみた方が良いのではないでしょうか。

3月の入試で志望校に合格するためのヒントになることがボーダーラインからわかることがあるのではないでしょうか?

20150802_163449

まず、大切なことですが、北海道の公立高校のボーダーラインの情報をきちんとしたものを集めます。

道新受験情報
多くの方が手に入れやすいのが、普通の本屋さんで手に入ります。
20150807_174405

Milestone
北海道学力コンクール事務局が発行しています。
学習塾の多くがこちらを活用していると思います。
20150807_174938

具体的な数字も出ているので、
Milestoneをぜひ手に入れて欲しいと思います。


通っている学習塾のものでもかまわないので、
まずは信頼できる情報を集めて欲しいと思います。


2015.8.11追記

ボーダーラインの中に入っているから

絶対に合格する!ということではないのです。

ボーダーラインの中でも残念な思いをする人がいる。
ボーダーラインの外でもうれしい結果になる人がいる。


そういったこともわかる資料を志望校を選ぶときに
見ておく方が良いのではないかと思うのです。

ボーダーラインの外から合格している人がいるから、
「合格できるチャンスがある!」というのも短絡的ではあります。
しかし、相当ながんばりで合格する場合があるのも事実です。

Milestoneは一般書店では手に入りません。
通っている学習塾や北海道学力コンクール事務局にご相談ください。

« 夏休みをムダにしないために東西南北を目指す中学生にはして欲しいこと | トップページ | 2学期が始まる直前だから、ボーダーラインを超えることを目標にする! »

受験情報」カテゴリの記事

夏期講習」カテゴリの記事

志望校」カテゴリの記事