2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« エンパシーライティング(6分間文章術)でインタビューを受けました。 | トップページ | 夏期講習で結果を出すために【復習】を変えていますか? »

夏期講習で進学研究室の生徒が成績を伸ばす本当の理由

こんにちは。

札幌の中学校では三者面談が進んでいる時期です。
夏休みで2学期以降に成績を伸ばすきっかけをつかんで欲しいですね。

A0070_000185

なぜ、夏期講習で成績を伸ばすのか?

生徒さんがやる気が出る仕掛けになっている
本人のレベルに合った課題に取り組んでいる
テキストをくり返してやり込んでいる

たしかに、進学研究室の授業は上のようなネライがあります。

しかし、夏期講習でのこだわりは・・・

できない問題でも考える!

できないからといって、あきらめるのではなく、
自分の力で何かできないかを考えてもらうこと

この経験が秋以降、入試の直前にもプラスになって現れてきます。

解答のスキルはまだ夏期講習では未熟な時期かもしれません。

しかし、1つ1つの問題に時間をかけてじっくり取り組むことが
成績を伸ばす大きな経験になるのです。

解答するために、必要な知識・スキルがはっきりして、
自分に何が足りないかを自覚できますので、学習への考え方がかわってきます。

できない問題にこそ時間をかけて取り組んでもらいたいと思うのです。

進学研究室の須藤の学習法も紹介されています。

« エンパシーライティング(6分間文章術)でインタビューを受けました。 | トップページ | 夏期講習で結果を出すために【復習】を変えていますか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事