2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 高校入試の前に、保護者が高校受験生に伝えておきたいこと | トップページ | ボーダーラインとの勝負が高校受験ではない。 »

ボーダーラインで損をする高校受験生・損をさせるお母さん

進学研究室では、3学期からスタートする小学5・6年生、中学1・2年生を募集しています。
まずは、011-596-9071までお電話をいただくか、こちらのフォームからご相談ください。

Img00643

進学研究室の冬期講習も残りわずかになってきました。

中3生は、北海道学力コンクールで結果を出すために、問題演習を続けています。
中1・2生は、冬休み明けの小テスト類の準備もはじめてもらっています。


「この点数とランクで、○○高校に絶対合格できますか?」

このような質問を毎年いただきます。

「絶対はありません。」

責任持って指導するという学習塾の先生がいますが、私はそこまで責任を持てません。
高校受験で力を出せなかったお子さんのその後の人生を背負っていきていくようなことは私にはできません。

ですから、簡単に志望校を下げるようにも言えません。

「下の学校に通ったら勉強も楽で、上位にいれば・・・」という大人もいるみたいです。
でも、TOPクラスを3年間取り続ける・取らせ続けることが難しいことを知っている自分には、大きな覚悟を持たなければ言えません。


ある塾の先生Aは「大丈夫!」と言い、別の塾の先生Bは「志望校を変えた方が・・・」というように考え方で、志望校への考え方が違うのは良くあることです。

信頼できるプロがいるかどうかは、とても重要なことだと思います。

お子さんの人生には大きな影響がある高校受験です。

個人的になってしまいますが、迷ったら、少しでも力になれるようにと「受験を楽しむ母の会」と作ったり、自分の意見を言わせていただく場を作らせてもらっています。


ただ、受験は自己責任なのです。

背中を押すのもお母さんです。
引き止めるのもお母さんです。

将来のことを考えて、じっくりと話をしながら、最終決定して欲しいのです。

ボーダーラインを見ながら・・・
今までやってきたこと・・・
これから入試までの勉強・・・
そして、将来について・・・


進学研究室では、志望校相談を有料(1時間程度3000円)で行っています。
ご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。
相談だけで志望校が上がり、合格している子が毎年います。
どの学習塾・家庭教師で勉強していても、志望校の相談はOKです。




« 高校入試の前に、保護者が高校受験生に伝えておきたいこと | トップページ | ボーダーラインとの勝負が高校受験ではない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事