2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 先生もフォトリーディングを勉強してきたのさ | トップページ | 学力テストBで得点をUPさせるために学力テストAをうまく使う »

もう一度「学力テストABC」について考えるときが来たのかもしれない。

1000分で行う!学力テストB対策
10月6日~8日で問題演習をくり返しながら出題ポイントを確認していきます。

ご相談はこちらから


Img00474


学力テストABCの結果が、入試に直結するのかどうか?


入試までの期間を考えると、けっこうな時間がありますので点数を大きく伸ばすことは可能ですし、大きく伸ばして合格している受験生をたくさん見てきているので、そのまま直結とは言い切れないと正直思います。
じゃあ、全く関係ないかというと、いきなり別人のように成績が動くことも少ないのですから、関係が無いとは言い切れません。

裁量問題が出題されるようになってきて、学力テストの平均点は変わったように感じていますし、出題のネライも少し変わったように思っています。

お母さん・お父さんのときと同じように学力テストの結果を見ない方が良いのではないか。

こんな風に思うのです。
裁量問題が出題されるようになったことも、学区が変わったことも、成績のつき方が変わったことも、いろいろと含めて、「学力テストABCは変わった。」と思って、受験生のお母さんにはみて欲しいと思います。

じゃあ、受験に向けてボーダーとか目標とかと比べて、合格に進むためにはどういう風にみるかという部分につきましては、10月20日(土)19:00~の受験を楽しむ母の会のセミナーで少し詳しくお話できればと思っています。

ずるいのかもしれませんが、学力Aの結果をみて、「良かった!」という場合は、入試にその結果が結びつきやすいと思って欲しいですし、結果をみて「残念!」という場合は、これからのがんばりで入試の結果は良くなると思って欲しいと思います。

まずは、お母さん・お父さんには、お子さんのことを応援して欲しいと思うのです。
(変なプレッシャーにならないように注意しなくてはいけません。)

« 先生もフォトリーディングを勉強してきたのさ | トップページ | 学力テストBで得点をUPさせるために学力テストAをうまく使う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/55711660

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度「学力テストABC」について考えるときが来たのかもしれない。:

« 先生もフォトリーディングを勉強してきたのさ | トップページ | 学力テストBで得点をUPさせるために学力テストAをうまく使う »