2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 公立TOP高に合格するような人は、定期テスト直前に何をしているのか? | トップページ | 東西南北をはじめとする公立TOPに合格するために、いち早く裁量問題対策を! »

公立TOP高を目指すなら、暗記に工夫をしてみよう!

こんにちは。

教室についてのお問合せの他に、勉強の仕方についての相談をメール・お電話でこの1週間でいただきました。
ありがとうございます。

テスト前で覚えることが多くて大変というご相談をいただきました。

なかなか覚えられないという場合は、
脳の機能を活かすように工夫をしてみて欲しいと思います。

Img00236

ノートなどにくり返す書くときに、口でも言いながら覚えたり、
くり返す書くときに使うペンの色でインパクトを付けてみたり、
くり返し書くときに、順番を変えてみたりといろいろとやり方はあるのではないでしょうか。


個人的にオススメしたいのは、マインドマップを使って覚えることです。

進学研究室の生徒さんの多くが、マインドマップについて知っているので、
覚えにくそうにしているときには、マインドマップを作るようにアドバイスをしたりします。

マインドマップのインストラクターが先生なのだから、薦めるのは当たり前だといわれそうですが、
1回マインドマップを作っておくと頭への入り方が違うそうです。理科・社会では効果がかなりあるそうです。

マインドマップについては、新琴似のcafe自休自足さんで入門講座を行っていますし、進学研究室ファクトリー教室の夏期講習では中学生・高校生向けに書き方と基本の使い方についての講座を行います。(マインドマップ講座のみの参加も受け付けます。)

Img00253

上の写真はマインドマップの考案者TONY・BUZANさんの新しい著書です。
こちらに書いてある新しい情報も含めて夏期講習では話をしていきます。
より脳について知って、そのことを勉強に活かして欲しいと思うのです。



« 公立TOP高に合格するような人は、定期テスト直前に何をしているのか? | トップページ | 東西南北をはじめとする公立TOPに合格するために、いち早く裁量問題対策を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/54986895

この記事へのトラックバック一覧です: 公立TOP高を目指すなら、暗記に工夫をしてみよう!:

« 公立TOP高に合格するような人は、定期テスト直前に何をしているのか? | トップページ | 東西南北をはじめとする公立TOPに合格するために、いち早く裁量問題対策を! »