2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 学力コンクールの復習はもっと評価されていい! | トップページ | 結論:テスト勉強は楽しい! »

結果が見え始めた受験生がテストに向けてやるべきこと

こんにちは。

11月3日の北海道学力コンクールを受験した中学3年生は多いのではないでしょうか。
進学研究室の中学3年生も会場でがんばってくれたようです。

早速、見直し+自己採点をした生徒さんばかりだったので、結果を聞いてみたところ、やっと結果が見え始めた生徒さんがいてうれしくなりました。
本当に行きたいという志望校まであと少しというレベルになってきたようです。

Img_3156

この時期は、夏休みからの学習の成果が出始める時期でもありますし、学力テストが続く中で学習を続けているのですから、自分自身で伸びを感じることができるかもしれません。
しかし、伸びてはいてもいわゆるボーダーラインに点数が届かなかったり、点数にばらつきがあり自分の実力がよくわからなくなっているというケースもあるかもしれません。

① 点数が良かったり悪かったりしても、実力がついてきている過程だと前向きに捉える。
② 「失敗したら・・・」と考えるよりも、あと何点伸ばせば、志望校に合格できるかを考えるようにする。
③ 苦手なところよりも、得意なところで確実に点数をとれるようにする。

学習塾の先生でも志望校について否定的なことをいう場合が増えてくる時期かとも思いますが、この時期だからこそボーダーライン(得点)に踊らされずに、少しでも合格に近づけるような学習のアドバイスを、メンタル的にがんばれるような応援を、受験生の近くにいる方にはしていただきたいと考えます。



« 学力コンクールの復習はもっと評価されていい! | トップページ | 結論:テスト勉強は楽しい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/53162753

この記事へのトラックバック一覧です: 結果が見え始めた受験生がテストに向けてやるべきこと:

« 学力コンクールの復習はもっと評価されていい! | トップページ | 結論:テスト勉強は楽しい! »