2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 札幌開成の中高一貫化について | トップページ | 春期講習は「やり直し」がキーワード »

北海道公立高校入試-出願変更するかどうかを迷うときに考えたいこと

公立高校の出願状況が発表になりました。
出願状況については北海道教育委員会のHPで確認してください。
 
 
出願状況については、隔年現象など新聞でも言われていますし、思うところはありますが・・・
 
 
志望校の出願倍率が予想よりも高く悩んでいる受験生とそのお母さんに迷ったときにいくつか考えてもらいたいこと・話をしてもらいたいと思うことを書きたいと思います。
 
①志望校を選んだ理由
これがはっきりしていると、一番良いのですが、そういう中3生は正直少なくなったように感じます。
ですが、どんな理由でも良いので、本人が「行きたい」と思う理由がはっきりしているのであれば良いですね。
もちろん、お母さんからも、どうして志望するのかをはっきりとさせてみて欲しいと思います。

最近は、「子どもに任せている!」というお母さんは多いのですが、その学校についてよくわからずにそうしているケースが多いのです。任せる=ほおっておくではありません。
親子でしっかりと、確認するべきことはして、最終的な結論は本人に任せても、親としての意見はきちんと述べてもよいのではないでしょうか。
 
 
②出願している学校と変更する場合に選ぶ学校の違い
単純に、出願倍率や合格するために必要な点数などを比べることも必要ですが・・・。その先のことも比較しておくべきだと思います。特に、卒業後の進路については、しっかりと調べてみてください。進路についての取り組み方が学校によって特色があったりしますので、先輩・卒業生が知り合いでいる場合は、お話を聞いてみるのも良いかもしれません。
 
 
③親の経験を話す
ご自分の経験をお子さんに話すことをしてみてはいかがでしょうか。気恥ずかしい感じもしますが、どうして志望校を決めたのか、その高校でどう過ごしたのか、卒業してみて、親になってみてどう感じるのかは、お子さんも興味を持って聞いてくれるのではないかと思います。
もちろん、親戚の方のお話なども、ヒントになるケースも多いみたいです。

 
中学校によっては、出願変更するしないを早く決めなくてはいけないケースもあると思いますが、お子さんの志望校については、落ち着いて考えてみていただきたいと思います。

もちろん、学習塾の先生に相談してみても良いと思います。
 

« 札幌開成の中高一貫化について | トップページ | 春期講習は「やり直し」がキーワード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/50710366

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道公立高校入試-出願変更するかどうかを迷うときに考えたいこと:

« 札幌開成の中高一貫化について | トップページ | 春期講習は「やり直し」がキーワード »