2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 時間をかけて成長を促すことが、先につながる | トップページ | 学校のノートのとり方で最低限気をつけたいこと »

速読を取り入れると成績が伸びる!-脳の活性化

5月2日(日)にフジテレビ系列のUHBで「エチカの鏡」という番組で、脳についての特集がありました。
 
今回の大きなテーマでは眼を鍛えることで脳を鍛えて、学習・仕事で成果を出していこうというようなものでした。
特に後半では、「速読」について取り上げていました。
 
 
Photo


番組の中では、千葉の市進予備校が取材されていて、2年前から取り入れた速読によって平均で偏差値10UPという実績が話されていました。
 
進学研究室でも、速読を授業で取り入れています。
 
かんたんにいうと視野が広がりますし、一定の時間で読むことができる量が増えます。
 
 
文章量が多くなっている高校入試の裁量問題の国語・英語では、よく時間が足りないというような声を聞きますが、そういう声は聞くことはなくなりますし、論理エンジンを使って読解力も養成していますので、他の教室と比べると、国語・英語を最終的には得意科目、入試での武器として考える生徒さんは多いと思います。

また一定時間に読む量が多くなりますので、他の科目についてもプラスになります。
同じ学習時間でも、多くのことが学習できるようになるので、少しずつ生徒さん本人も気がついていくような感じで、速読の成果を感じるようです。
 
 
眼を鍛えると、脳の活性化にもつながり学習には大きなプラスになります。
できるだけ脳を効率良く使って学習するために「マインドマップ」も取り入れていますが、そういった取り組みの相互作用もあって、他の塾では無理だと言われた志望校に合格する生徒さんがでてくるのだと考えています。
 
 
眼を鍛えて脳を成長させるのに重要な機能

運動機能-すばやく必要な情報をひろう機能
認識機能-見たものが何であるかを探る機能
情報処理機能-見たものによって体に行動をさせる機能

学習では運動機能と認識機能が重要なようです。
 
 
進学研究室では、GWが終わって学校に慣れてから学習をはじめる新学期生を募集しています。
詳しいお問合せ・相談は、011-594-8882(24時間)かaaa@kitty.jpへお願いします。
アクセス方法・地図はこちらからご覧になれます。
 
 
 
論理エンジンの出口の脳活ノートです。

« 時間をかけて成長を促すことが、先につながる | トップページ | 学校のノートのとり方で最低限気をつけたいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/48261635

この記事へのトラックバック一覧です: 速読を取り入れると成績が伸びる!-脳の活性化:

» 塾の英語講師のきまぐれ日記 [塾の英語講師のきまぐれ日記 ]
塾の英語講師のきまぐれ日記 [続きを読む]

« 時間をかけて成長を促すことが、先につながる | トップページ | 学校のノートのとり方で最低限気をつけたいこと »