2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« あまりに基本的な「学年末テスト対策」3つのルール | トップページ | 僕の私の休むこと-受験生には休みが必要無い?? »

失敗する受験会場の下見・成功する受験会場の下見

私立高校の受験がはじまります。

中学3年生の受験生で、いわゆるテストと違った「入試」の雰囲気に戸惑う場合もあるかもしれません。
 
 
そこで受験の下見で注意してもらえたら良いのではないかと思うことをまとめてみました。
(中学校からの注意事項とは異なります。)

Nec_0046


 
①入試本番は翌日なので、すみやかに帰ってくる。

下見の日は一斉に受験生が集まりますので、とても交通機関は混雑します。
翌日の本番の前に、疲労してはいけません。
バスが混んでいるから、歩くというようなことはしないようにしましょう。
時間の無駄ですから、タクシーなどを友達と割り勘で使うなどしましょう。
入試会場までのアクセス方法と必要な時間を確認できれば良いのです。


②入試会場で自分の席を確認するだけでは終わってはいけない。
教室に入り自分の席を確認できる場合と、そうではない場合があります。
問題なのは、席の環境です。
つまり、窓際か、ストーブが近いか・・・など、問題に取り組んでいるときに、障害になりそうなことはないかを確認しておくことが必要です。
開場の時間も確認しておきましょう。
 
 
③下見に来ている受験生の多さにびびらない。

私立高校は倍率が高くなっているは、すべり止めの要素が高いのが大きな理由です。
人気高では、1000人以上が受験をします。
募集定員の人数だけが合格するわけではないのです。
入試の下見で人数の多さに圧倒されてしまい、自信を無くす受験生がいます。
実力をしっかりと出せれば合格しますので、落ち着いて下見を行いましょう。
 
 
 
前日はゆっくりと・・・ということを言う先生も多いと思いますが・・・
いつも通りに勉強していつも通りに朝起きれば大丈夫です。
もちろん、朝早く起きる習慣に変えているとことが前提です。
 
 
受験生のみなさんが、入試で力を出せるように願っています。
 
 
地理の追い込みに

« あまりに基本的な「学年末テスト対策」3つのルール | トップページ | 僕の私の休むこと-受験生には休みが必要無い?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/47573296

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗する受験会場の下見・成功する受験会場の下見:

« あまりに基本的な「学年末テスト対策」3つのルール | トップページ | 僕の私の休むこと-受験生には休みが必要無い?? »