2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 11月26日のつぶやき | トップページ | 「ボーダー」に騙されないために »

知らないと損をする!志望校調査票を出す前にやっておきたいこと

12月が近づいてきて
各中学校では先生と生徒さんとの2者面談を行っていたり・・・
最後の授業参観や懇談会が行われていたり・・・

Dvc00587

多くの中学校で志望校の調査票を12月の初めくらいに提出するのではないでしょうか。


公立高校はもちろん、私立高校もどこにするのかある程度決めておかなければいけません。
 
 
「子どもに任せます!」という声を聞きます。

それは親子で十分に話し合って、その結果として最終的に本人が決めるということであって欲しいのです。
 
 
進学研究室では、高校の先生を招いてお話をしてもらったり、実際の高校説明会にできるだけ足を運んでいただいていますが、それでも保護者のみなさんは最後まで迷うことがほとんどです。


保護者の方が自分の子どもがどんな学校を志望していてるかよくわからず、どこにあるのかも知らないということがあると耳にすることがあります。
 

そこで、この志望校を最終的に決めるときに、受験生と保護者の方でやっておいて欲しいこと、確認しておいて欲しいことを少し書いていこうと思います。

 
 
高校卒業後の進路について話をしておきましょう。

はっきりとした職業を考える必要はありません。
進学したいのか、就職したいのかという大まかな感じでも良いと思います。
進学を目指すのかどうかで、高校の選び方も変わってきます。
 
 
今の成績を確認しましょう。
 
学力テストA・B・Cの結果がどのくらいなのか・・・。
北海道学力コンクール事務局がまとめた学力AのSS50は合計で166点、総合BのSS50は167点になっています。詳しい学力A・BのSSが知りたい方は、通っている塾の先生に相談していただいて良いと思います。
もしくは、相談は無料でさせていただいていますので、メールをいただいてもけっこうです。

だいたいのSSがわかったら道コンの総合資料の方を活用してみてください。
活用の仕方は・・・「志望校を決める前に「道コン総合資料」を読め!」を読んでみてください。

もちろん、ランクの確認も必要です。
ランクの計算がわからない方は、道コンのHPを使ってみて下さい。
あといくつ成績が上がればランクが上がるのかを確認しておきましょう。
 
 
 
志望校について調べていきましょう

まずは、志望校のレベルについて調べます。
志望校のボーダーについては、「道新受験情報」や「道コン総合資料」を参考にしてみてください。

次はその学校の卒業生の進路を調べてみましょう。
進学が多いのかどうか、どういう進学先が多いのか調べてみてください。
学校案内や学校のHPを見てみると良いと思います。

それから、通学のときの行き方、通学時間を調べてみましょう。
さっぽろえき・バスNAVIを使うと便利だと思います。
 
 
 
親子で話をしてみてください。

このときに特に話して欲しいのは、お母さん・お父さんがどうやって高校を決めたのかです。
できるだけ詳しくお子さんに話してあげて欲しいと思います。

その上で、親子それぞれで志望校について話をしてみると良いと思います。
まだ親子で志望校を一致させる必要はありませんが・・・。
三者面談まではしっかりと決めたいものです。

 
 
志望校で人生が変わってくるかもしれません。
どんな先生と出会い、どんな友達と出会うのかが変わってきます。
お子さんにぴったりと合った学校は難しいかもしれませんが、納得できる進学先を見つけて欲しいと思います。

« 11月26日のつぶやき | トップページ | 「ボーダー」に騙されないために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/46877155

この記事へのトラックバック一覧です: 知らないと損をする!志望校調査票を出す前にやっておきたいこと:

« 11月26日のつぶやき | トップページ | 「ボーダー」に騙されないために »