2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« テストに向けてマインドマップを使って重要語句を覚えるべき理由 | トップページ | 卒業後、どの大学へ行くかで高校を決める事情 »

ラーメン×サラダ=ラーメンサラダ?の発想で考える入試裁量問題

「なんか難しそう~」と裁量問題について考えている受験生のために。


ラーメンサラダをはじめて出したお店は、札幌のグランドホテルだそうです。
 

サラダ感覚で味わえるラーメンをということで今ではお馴染みになっています。
ラーメンサラダを最初に食べたときには驚きました。
ラーメンとサラダですよね・・・。
今ではラーサラといわれているようで、いろんならバリエーションがあるみたいです。
  
ラーメン×サラダ=ラーメンサラダはびっくりの発想なのですが・・・
受験生のみなさんは、生まれたころからラーメンサラダがあるので当たり前かもしれません。
 
 
今までにあったものを組み合わせることで、新しいものができるのです。

 

この感覚は、入試問題に言えることなのです。

よく出る問題×よく出る問題=新しい問題(難しい問題)


規則性を調べる×方程式=裁量問題の問1

平方根×確率=裁量問題の問2

1次関数×図形=裁量問題の問3

平面図形×作図=裁量問題の問4

(いずれも2009年の問題)

 
単元(出題内容)を組み合わせて出題すると、新しい問題になります。
パターン学習に偏りすぎていると、知っているパターンとは違いますから、戸惑うかもしれません。

片方の単元の知識だけではなく、知識を組み合わせて解くことになります。

多くの知識を使いこなせるようにならなくてはいけませんし、
いわゆるパターン学習のように偏った問題演習ではなく、
多角的な視点で問題を見ることができるようなトレーニングもするべきだと思います。
 
 
問題自体はさほど難しくはなく、十分な時間を与えられたなら解ける問題でした。
どのようにして早く問題を解くとっかかりをつかむことができるかがポイントになったようです。
 
 
昨年の教室の卒業生によると、それについて特にマイナスのイメージはなかったようなので、
進学研究室としての対策は比較的うまく行ったように考えています。
(裁量問題出題校の受験者は全員合格しています。)

図形感覚と数字(計算)感覚の両方を使うパズルを入試に向けて少しやっていたのが良い結果に結びついたのかもしれません。

 
 
今回のブログの内容は・・・

から揚げ×オーロラソース=とりマヨを食べながら考えた内容でした。
Dvc00487

とりマヨを食べたお店は、よく伺っている平岸のDining Cafe Qooさんです。

« テストに向けてマインドマップを使って重要語句を覚えるべき理由 | トップページ | 卒業後、どの大学へ行くかで高校を決める事情 »

受験情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/46604232

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン×サラダ=ラーメンサラダ?の発想で考える入試裁量問題:

« テストに向けてマインドマップを使って重要語句を覚えるべき理由 | トップページ | 卒業後、どの大学へ行くかで高校を決める事情 »