2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 裁量問題対策の補足-長文読解について | トップページ | 学力テストBを最大限活用するために・・・ »

進学重視に創成高校も動き始めたのか?

創成高校が今年度から学習塾向けの学校説明会を行いました。

来年度入試からコースを改編、難関大学現役合格を目指すSコースを新設することになった創成高校はどう変わるのでしょうか。
Dvc00391

今までの創成高校は、学習塾向けの学校説明会は無く、入学後の生徒さんたちがどう成長していくのか、そして、卒業後はどういう方向に進んでいくのかは、正直、雑誌などで知るレベルでしか情報はありませんでした。

創成高校の一部の先生方しか実際にお話しする機会はありませんでしたが、学校全体として積極的に変わるということをアナウンスしていこうという姿勢、また創成高校の校風だと思う「きっちりとした雰囲気」を今回の説明会に参加してまず感じることができたように思います。


創成高校は4つのコースで募集することになります。

・S選抜コース
志望校受験科目に対応した授業選択と少人数制のきめ細かな指導で北大をはじめとする難関大学合格を目指す。

・特進コース
国公立大学・私立大学合格を目指す。

・国際コース
海外留学・大学進学の両方に対応。授業の中心が英語になり、英語に特化したコース。

・総合コース
基礎的基本的な学力が身に付く授業を実施。2年次から進学・キャリアの2つのコースにわかれ、それぞれの進路に合わせたカリキュラムに。


S選抜コースは、公立高校でいういわゆる準トップもしくは中堅上位のレベルになるようです。
受験生の多くは北区・東区ですが、西区・手稲区・石狩からの受験も意外に多く感じます。

S選抜・特進・国際コースは5教科(100点満点)マークシート式45分で受験、総合コースは3教科。
レベル的には、公立高校入試レベルということですが、マークシート式なので準備はそれなりに必要かもしれません。
昨年までは50分だった入試が45分になりますので注意してください。


コース新設ということで、受験者数・入学者数の多い北区・東区・石狩から、どれだけ上位の生徒さんが私立の併願校として受験をするのかを注目したいと思います。
私立のA日程では、同じレベルの高校がたくさんありますので、受験生は説明会に参加してみることは重要だと思います。
また内申ランクのD以上であれば、奨学金を何らかの形で受けることができますので、B日程の私立も受験して最終的な進学先の選択を増やすということも考えて良いのかもしれません。

« 裁量問題対策の補足-長文読解について | トップページ | 学力テストBを最大限活用するために・・・ »

受験情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/46435896

この記事へのトラックバック一覧です: 進学重視に創成高校も動き始めたのか?:

» 兵庫県高校受験ブログ [兵庫県高校受験ブログ]
高校受験の情報ならココです [続きを読む]

« 裁量問題対策の補足-長文読解について | トップページ | 学力テストBを最大限活用するために・・・ »