2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 進学重視に創成高校も動き始めたのか? | トップページ | 学力テストBは明日ですが・・・インフルエンザの影響は? »

学力テストBを最大限活用するために・・・

学力テストBの対策は、入試本番にできるだけ近い状態(過程)にしていきたい。
もし、A・B・Cのうちでどれが一番重要かと質問されたとするならば、Bだと自分は考えています。
Nec_0046


そこで、学力テストBでは、「プレッシャー」・「緊張感」を受験生に感じてもらいならがらテスト当日まで準備を進めて欲しいと思うのです。


9月の学力テストAの対策については、多くの学習塾では夏期講習を使って行っていますし、夏休みの後半からは具体的にAの範囲に絞って学習していますから、これだけ十分な時間(日数)を自由に使っての対策は入試本番とはズレがあるように思います。また入試を意識してテストにのそむことは、学力テストAでは実質初めてという受験生が多いので、今回のBは少し落ち着いてテストに向うことができるのではないでしょうか。

また、学力テストCは、札幌市内の中学校の多くは、定期テストのための学習も平行して行わなくてはいけません。あと1~3成績が上がれば内申のランクが上がるという場合は、どうしても定期テストの方を優先させる必要があると思います。
学力テストCの出題範囲と理科・社会・数学の定期テストの出題範囲は3年生で学習する分野では同じになる場合はありますが、出題される問題の質・内容の細かさなどを考えると、同じ対策が効果的とは言い切れませんので、定期テストのため学習、テストの準備が必要になります。


学力テストA・Cと比較すると、テストまでの準備の流れ、学校行事などの制約などを考えると、学力テストBが入試本番に一番近い形で取り組むことができるテストだと思うのです。

テストでどれだけ点数が取れるかということよりも、受験の対策を進める学習塾としては、準備を無理無く進めるためにこの時期の受験生の様子、家庭での過ごし方、もちろん、家族との関わり方なども観察しなくてはいけません。

この時期の学習で無理がきくかどうか、どのくらいまで無理なく取り組めるかは、家でもある程度把握できることだと思いますので、高校受験の中3生の保護者の方は、学校から帰ってきた後どのように過ごしているのかを記録しておくと、1月~2月の時期の学習の進め方を考えるときに、かなり参考になると思います。

« 進学重視に創成高校も動き始めたのか? | トップページ | 学力テストBは明日ですが・・・インフルエンザの影響は? »

教室のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/46441356

この記事へのトラックバック一覧です: 学力テストBを最大限活用するために・・・:

« 進学重視に創成高校も動き始めたのか? | トップページ | 学力テストBは明日ですが・・・インフルエンザの影響は? »