2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 学力テストAの結果 | トップページ | 進学重視に創成高校も動き始めたのか? »

裁量問題対策の補足-長文読解について

先日の道新進学フェアでのセミナーの内容の中で、簡単に裁量問題の対策について話されていたことをまとめました。

誤解があってはいけないので、少し書き加えておきたいと思います。

学力コンクールのセミナーの内容で、英語の対策としてあげられたのは・・・

・英語
英作文への対応が合否のカギ
→他県の問題で訓練

制限時間内で終わらせるために
1素材文を読まないで解ける問題の見極め
2大意を素早く把握する練習


たしかに、裁量問題に対応していくためには、最終的にこういったレベルのトレーニングが必要になるでしょうし、ある程度できるようにして欲しいものだと思います。

ただ、それは今の時期にできなければいけないかというと、そういうことではないように思います。

冬休み以降に裁量問題の対策として上にあげられたことをやるために、今はひとつひとつていねいに問題を読み込んでいくこと、主語・動詞などに着目して文型をとらえた英作文ができるようにすることや、基本的な英文を覚え込むことなどが重要ではないでしょうか。

学力テストBが近づいていますので、その対策・準備で焦ってしまったり、ていねいに学習を進められなかったりするかもしれませんが、今はすべてを読む・訳すという練習を長文読解ではくり返して欲しいと思います。

学習塾に通っている受験生は、直接先生からの指示もあるでしょうし、志望校の合格に向けて既に何回もくり返して相談しているのではないかと思います。


公立高校入試問題についてのコメントは、学力コンクールさんのHPでコメントが出されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

昨年は多くの受験生の保護者の方から毎日のようにご相談のメールをいただきました。
志望校や受験へ向けての学習などでご相談などがありましたら、メールをいただければ、できる範囲でお答えさせていただきます。

« 学力テストAの結果 | トップページ | 進学重視に創成高校も動き始めたのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/46421815

この記事へのトラックバック一覧です: 裁量問題対策の補足-長文読解について:

« 学力テストAの結果 | トップページ | 進学重視に創成高校も動き始めたのか? »