2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今週使ったパズル | トップページ | 志望校について考えてみませんか?2 »

志望校について考えてみませんか?1

Nec_0078
特に、中学3年生と保護者のみなさんに、この時期だからこそ志望校について考えてみて欲しいと思うのです。

札幌の場合と他の地域では学校行事などは違いますが、GWが終わって学習の方もこれからという時期になってきます。そして5月の末くらいから6月の初めにかけて修学旅行があります。
修学旅行が終わって1週間から10日間くらいすると、1学期の期末テストになります。

1学期の期末テストの目標を中3の子に聞いてみると・・・なんとなくでも目標の点数を言える子はけっこう多いのです。同じ子に志望校について聞いてみると・・・目標の点数では、内申点の方で志望校にたいして厳しい状況ということが多いのです。


つまり、志望校に合格するにはどのくらいの成績が必要なのか良くわかっていない上に、期末テストの目標点数があいまいになっているケースが多いのです。


北海道の高校入試の場合どうしても内申点を重視する傾向(内申点に比重がある)ので、内申点を上げるためにどのくらいの点数を取る必要があるのかということを一度考えて欲しいと思うのです。
内申点(=成績)を上げるためにどのくらいの点数を取ったら良いのかをわかっていない子も多いです。
中学校は絶対評価になっていますから、テストで何点であればどのくらいの成績がもらえるかということは、説明されていると思います。ですから、必要な内申点(成績)にするために、テストでどのくらいの点数がいるのかは、はっきりすると思うのですが、なかなかそれがわかっていない子が多いのです。

絶対評価と、保護者の方の多くが中学生だったころの成績のつけ方の相対評価と、どう違うのかがよくわかっていない場合もあります。
説明はなんとなくわかっているとは思いますが、実際にどうなのかはよくわかっていなかったりします。

成績が上げる場合で考えると、相対評価では、自分のテストの点数を伸ばすことと(表現は悪いのですが)他の人が点数を下げることで自分の成績は上がりました。
絶対評価では、自分の点数を伸ばすことでしか成績は上がりません。

点数を伸ばすこと=自分の成績を伸ばすということになります。
もっと踏み込んで考えると、成績を伸ばすことは、学習という分野の能力を伸ばすことを必要とするようなイメージです。
もちろん、定期テストだけで成績が決定するわけではありませんから、いわゆる平常点も関係あります。


今まで、学習を進めてきてテストに向かっていた子が、次のテストで「がんばる!」という気持ちで成績を上げていくのは、実際には難しいことだと思うのです。
やり方を見直し、効率の良い学習にすることや、学習する時間を増やすための努力などは必要ではないでしょうか。


志望校に合格するために必要な成績を調べてみませんか?
成績を伸ばすためにどうするか考えてみましょう。

« 今週使ったパズル | トップページ | 志望校について考えてみませんか?2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/44972908

この記事へのトラックバック一覧です: 志望校について考えてみませんか?1:

« 今週使ったパズル | トップページ | 志望校について考えてみませんか?2 »