2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 志望校について今一度考えて | トップページ | ボーダーについて »

公立高校入試裁量問題国語対策-論理エンジン

国語の成績に悩む受験生は多いみたいで、
学習方法について相談を受けることが多いです。

実際に、どんな学習をしているか聞いてみると、
意外にも多くが国語の勉強をしていないようです。
していても、問題集を解くだけになっているみたいです。


進学研究室では、
論理エンジンを使って、
国語の学習を進めています。

論理エンジンについては、
公式HPで詳しく説明されているので、
そちらを見ていただければと思います。

レベル50(OS5)を目標に論理エンジンで学習を進め、
同じ著者の問題集で解法の理解を深め、
そして入試問題で実践演習をしています。


論理エンジンを使わない場合、
市販の問題集などで準備を進めることになりますが、
個人的にお勧めしたいのは、この3冊です。


中学国語 出口のシステム読解 (水王舎)
出口の国語レベル別問題集―高校受験 0 (理論編) (東進ブックス)
出口の国語レベル別問題集―高校受験 1 (基礎編) (東進ブックス)


解法の基本ルールを学ぶことができます。
レベル別問題集はさらに上のレベルのものがありますが、
北海道の公立高校入試を考えると、
少し難しくなりすぎる感じがしますので、
この3冊を終えて、過去問などに取り組んでみると良いと思います。

国語を苦手としている生徒さんでも、
この3冊を時間をかけてやることで、
学力ABCで、平均点はクリアできています。

解説がしっかりしているので、
問題を解く⇒解説を読みながら、自分の解答のプロセスを見直す⇒復習で解答ルールを確認
という流れで学習できると思います。


とにかく、国語の学習では、雑にならないように、学習を進めて欲しいと思うのです。

« 志望校について今一度考えて | トップページ | ボーダーについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/43258839

この記事へのトラックバック一覧です: 公立高校入試裁量問題国語対策-論理エンジン:

« 志望校について今一度考えて | トップページ | ボーダーについて »