2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« うれしい! | トップページ | NOTE »

変化への対応

学力テストA・Bの傾向を見てみると、去年までとは違ったものになっているように感じます。
特に英語・数学ではっきりと出ているように思います。
英語では記号問題が減り、英文を書いたり、日本語で説明する問題が多くなりました。数学では簡単な計算問題(小学生レベル)が無くなりました。
設問の数はあまり変化していないのですが、昨年までのものよりもいわゆる応用問題を重視する作りになっていいるようです。

そういった変化に合わせた準備をしていかなければなりません。
教室では学力Aが終わった段階で、傾向の変化について生徒さんには説明し、準備をしてきました。
今まであれば、知識をある程度覚えるだけで得点は伸ばすことができましたが、知識を使うことができなければ、得点に結びつけるのは難しくなっています。

逆に国語はやさしくなっているように感じます。
裁量問題が選択できる国語・英語・数学で、別々の方向を学力A・Bでは示していますが、裁量問題はあくまでも応用力を見るということなので、、入試本番に向けては応用力をつけるためのトレーニングを行っていくことになります。


進学研究室では、2学期末テスト対策・学力C対策のそれぞれの特別授業の生徒を募集しています。

« うれしい! | トップページ | NOTE »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/42905487

この記事へのトラックバック一覧です: 変化への対応:

« うれしい! | トップページ | NOTE »