2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 感謝 | トップページ | 日本のこれから »

ボーダーについて思うこと

公立高校の入試が終わって、ボーダーラインについて検索されて、ここを見ていただいている方が多いみたいなので、少し思うことを書きたいと思います。

ボーダーラインは、確率として60%~70%くらいで合格するであろうという点数です。
(何%かはそれぞれで違うので確認してみてください。)

それぞれが予想する今回の入試平均点を基にして、それぞれで行っているテスト・模試などのデータと今回の入試データが同じになるように調整・修正した場合に、どのくらいの点数であれば合格するかを予想した点数です。
調整・修正の仕方は、ボーダーを予想するところの独自の手法で行っているようです。


ここで伝えたいのは、ボーダーの点数に足りないから、絶対に合格しないということではありません。

予想や仮定での話をしているので、実際には全然違うこともあり、ボーダー点数がぜんぜん違うと言うこともあります。
また、それぞれですべての受験生のデータを持っているわけではありませんので、最低の合格点と予想されているものよりも、低くても合格することもあります。
きっちりと、正確に、自己採点できていると思っていても、自己採点の点数自体もズレていることもあります。
1点2点の差で合否が分かれることもあるようですので、ズレが重なると・・・。

ボーダー点数より良い点数が取れているだったら、ちょっとワクワクして発表日を待ってみて、
ボーダー点数にはちょっと届いていない残念なようでしたら、もしかしたら・・・とドキドキして発表を待ってみてはどうでしょうか。

合格発表まで結果はわかりませんよ。Nec_0119

« 感謝 | トップページ | 日本のこれから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/40418964

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーについて思うこと:

« 感謝 | トップページ | 日本のこれから »