2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 本でも紹介していただけてます! | トップページ | 学力テスト »

中学入試が変わってきた?

道新の入試特別号で、この春の中学入試についてまとめられていたので、少し考えてみたいと思う。

まず、全体として、中学入試全体での出願数が増えている点から、高校入試から中学入試へと流れが向いてきているのかもしれない。
今の中学2年生からは、札幌市1学区になりますから、今までのような制限はまったくなくなります。
極端なことを言うと、地域格差があったとしても、20%枠のような出願制限がなくなるために、合格できるところを自由に受験できます。
今まで不利だったために受験を避けてきた、千歳や北広島、江別から札幌市内の進学校へチャレンジする生徒さんは多くなるでしょうし、学力が低いと言われている東区・白石区などでは自分の近くの進学校へは他の学区の生徒さんが流れてきて、自分の学区の進学校を受験できないというケースも考えられます。

高校受験の流れが変わりますから、中学受験についてもその影響が出てくるように思います。
札幌市1学区になりますから、地域の進学校というポジションから札幌市全体で見たときに、進学校と言えるかどうかは問題になってきます。
札幌市全体で見たときに、進学校と言えるのは、数が少ないと思いますから、高校受験ではリスクが高くなるように思います。そこで、中学入試の時点で、中高一貫校に入学して、大学受験にゆっくりと備えるという考えは自然な流れかもしれません。

今の中学2年から学区が変わりますから、そのあたりを意識して、中学入試に動いた1年生の子は多かったのかもしれません。
実際に、札幌圏の私立中学では志願者数は伸びています。
以前にも書かせていただきましたが、立命館慶祥中はそのあたりを意識してかセミナー入試を行いましたし、別冊の道新受験情報には、各校からのコメントとしてほとんどの学校で志願者を伸ばしているようです。
志願者が増えているから、入試がきびしくなるというだけではなく、札幌日大中・北嶺中からのコメントとして、問題の難易度について、「教科書をマスターする程度では3割」、「問題がかなり難しい」というの目を引きますし、実際に出題された問題は、「中学入試」のレベルのものになっていると思います。立命館慶祥では次の入試から社会も課され、4教科での入試になってきますから、小学校で「できる」というレベルでの合格はもう難しくなり、ある程度の準備をしてチャレンジしなければ、合格は難しくなるでしょう。

高校入試での学区が変わることから、データの少ない中で不安な受験をするよりも、その先を考えて、中学入試にチャレンジするとすると、その準備は・・・

明らかに問題の内容が変わってきていますから、準備は必要です。

« 本でも紹介していただけてます! | トップページ | 学力テスト »

受験情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/14792648

この記事へのトラックバック一覧です: 中学入試が変わってきた?:

« 本でも紹介していただけてます! | トップページ | 学力テスト »