2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 北海道は公立重視の傾向が強いですが・・・ | トップページ | 昨日に続いて今日も・・・ »

立命館慶祥中について

Nec_0137


3月20日付けの北海道新聞・朝刊36面にある小さいな広告なのですが、08年度の入試科目について正式発表されていました。

科目については、前から社会も入って4科目になるとは言われてきたことではありますが、いよいよ時が来たという感じになりました。
4科目ということになると、いろいろな面から「セミナー入試」の重要性は高くなってくるのではないでしょうか。

詳しいことについては、立命館慶祥中のHPで確認していただきたいのですが・・・

セミナー入試での志願者が全部で53名で合格者が51名ですから96%が合格しています。
入試当日は算数1科目になりますから、事前に行われるセミナーで認定されることは非常に有利になってきます。
ところが、昨年度でいうと一般入試の出願者は270名なのに、セミナー2回の参加者の合計が200名ですから、セミナー参加者のうち認定者55名ですから、立命館慶祥中を志望しているのであれば、セミナーへの参加はもっと積極的にするべきではないでしょうか。進学研究室の生徒さんは、特に小学生は考えることを重視した授業ですし、学習パズルや論理エンジンを教材として普段から使っているので、セミナーでは良い結果を残してくれています。

中学校が考えている欲しい生徒さんをセミナーで早い時期に見分け、確保していると考えますから、セミナーの内容は受験対策をする上でも参考になると思います。
昨年度の数学セミナーの内容について見てみると、①規則性(数と式)②規則性(図形)③推理力について問われています。与えられたも数字から規則性を自分で見つけ出すこと、規則性のある図形をイメージできるかどうか、与えられた条件から論理的に考えて課題に答えていくというようなことができるかどうかが勝敗を決めます。
公式や問題のパターンを覚えるというような学習を普段している場合は、セミナーでは苦戦するようです。

中学受験を本格的にしないまでも、ちょっと力試し的に考えてる場合でも、このセミナーはお子さんの刺激にもなりますし、もし認定されたらすごい自信にもつながります。

« 北海道は公立重視の傾向が強いですが・・・ | トップページ | 昨日に続いて今日も・・・ »

受験情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/14786438

この記事へのトラックバック一覧です: 立命館慶祥中について:

« 北海道は公立重視の傾向が強いですが・・・ | トップページ | 昨日に続いて今日も・・・ »