2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 私立大入試 | トップページ | 面接といえば・・・ »

図工の時間

先日、特ダネという(UHBフジテレビ系列)の番組の中で、図工の時間について取り上げていました。

自分が小学生だったころでも、少ないなぁと感じていた図工の時間ですが、70時間あったものがゆとり教育になって50時間になっているそうです。ゆとり教育という言葉のイメージで、国語や算数の授業時間が減って図工・音楽・体育などの時間が増えているように思っていたんですが、ぜんぜん違うんです。50時間というと、週に1回授業があるかないかということですから・・・ちょっとさみしいですね。

図工の時間で思い出すのは・・・札幌出身の方には多いと思うのですが、雪祭りの絵を描いたことです。
良くは覚えていないのですが・・・雪祭りの開催期間中に、午前授業の日があって、うちは家族で会場に行きました。そして、青い画用紙を渡されて、そこに雪像の絵を描くのです。記念の絵葉書を参考にしたりして、描いていたように思います。
どうしても、主要教科を重視してしまうのかもしれませんが、地元のお祭りの絵を描くことで、地元に愛着を感じることにつながるでしょうし、「AさんとBさんが同じ雪像描いてるよ!」というような普段はあまりつながりの無い子同士でも共通の話題ができたりして良かったように思います。

小学生にとって図工って、受験とかとは関係無いようではあるけど、実は重要じゃないかと自分は思っています。

« 私立大入試 | トップページ | 面接といえば・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/14786475

この記事へのトラックバック一覧です: 図工の時間:

« 私立大入試 | トップページ | 面接といえば・・・ »