2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 私立高校の出願状況 | トップページ | 通知表のコメント »

離れた授業

【北海道新聞】旭山の迫力“生で”沖縄に ネットで映像送信 中学生に遠隔授業
【読売新聞】「ネット授業」で物理学ぶ…常呂高

たまたまですが、同じタイミングで先生と生徒さんが遠く離れての授業が行われたようです。
予備校ではすでに10年くらい前から衛星を使って、有名講師の授業を全国に配信するということが行われてただけに、意外に思いました。どちらの授業も大変意味はあると思うんですが、特別授業というかイベント的な授業なら良いと思うんですけど、通常の授業でもというのはどうなんでしょうか。

自分の教室では、生徒さんの「気」みたいなものを感じながら、授業を進めたいと思い、わざとひとつのテーブルでみんなで学習するというスタイルにこだわっているんです。学習している内容には直接関係無いかもしれませんが、そのときどきの生徒さんの様子や、話題の中から学べることがありますし、直接じゃないと伝わらないものがあると思うのです。そして、生徒さんの気を感じることで、体調などの変化にも気がつくことがありますし、わかってる・わかっていないなども、実際の本人の言葉とは違っても、なんとなく感じることができるんですけど。
うちの教室の場合は、小さいな学習塾なので、1クラス4人ですから、そういう風に生徒さんを感じながら授業するのは当たり前だと言われたらそれまでなんですが。

先生も生徒もお互いのことは知らないっていいのだろうか。

« 私立高校の出願状況 | トップページ | 通知表のコメント »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離れた授業:

« 私立高校の出願状況 | トップページ | 通知表のコメント »