2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 国公立大学の倍率中間発表 | トップページ | 終わったのに・・・ »

公立高校入試出願変更最終日

07
メールでのご相談をいただきました。ありがとうございます。
ご相談へのお返事は詳しくさせていただきましたが、他に参考にされる方もいらっしゃるのかもしれませんので、こちらでも簡単に書かせていただこうと思います。

石狩第3学区、つまり東区の高校のどこに出願するかという相談でした。
今年の場合、丘珠高校が定員を割る状況になっていますから、東稜高校を志望しているけど、ちょっときびしい、もしくは、志望校を下げる形で東豊高校に出願している生徒さんの場合には非常に悩むのではないでしょうか。また、東豊高校にボーダー近くで出願している生徒さんは、定員割れしている丘珠高校への出願を悩むかもしれません。

メールでご相談いただいた生徒さんの場合、東豊高校をボーダー近くで出願していらっしゃいましたので、出願を変更し丘珠高校にするか迷って、学校の先生にも相談されたそうです。学校の先生は、東豊高校の場合、合格しても、私立高校に進学することを希望して、東豊高校の合格を辞退することが多いので大丈夫ではないか(繰り上がって補欠合格する)というようなことを言われたそうです。たしかに、札幌市の場合、公立高校と私立高校を比較した場合、公立高校を上にみることは多いのですが・・・私立高校の場合、一般的に内申点を重視して出願しますし、実際に合否も内申点を重視することが多いのです。
私立高校に進学することを希望する場合は、内申点に大きな不安がなければ合格する可能性が高いわけですから、極端なことを言えば、公立高校は落ちてもかまわないわけです。私立への進学を特に強く希望される場合は、単願(専願)での出願にするでしょうし、単願での受験をしなくても、公立は落ちてもかまわないということで私立より魅力的な公立にチャレンジ出願するのではないでしょうか。
ですから、東豊高校の場合で考えると、第3学区では一番低いボーダーになりますから、私立への進学を希望していて、東豊高校を受験する生徒さんは少ないと考えるべきではないかと思います。また、補欠合格を待つというのはあまりに不確定過ぎて不安に思います。
出願変更の中間発表の結果を見ると丘珠高校はまだ0.9倍ですし、出願変更をしてチャレンジしてみることも良いでしょう。もちろん、そのまま東豊高校を受験しても1.1倍の倍率ですから厳しい状況ではありません。高校で何がやりたいのか、卒業後の進路はどう考えるのかなどによって出願先を決めていいのではないかと思います。
せっかくの受験です。消極的に志望校を決めるのではなくて、選択できる進路が1つ増えたと思って良く考えて最終決定をして欲しいと思います。

« 国公立大学の倍率中間発表 | トップページ | 終わったのに・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

受験情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/14786485

この記事へのトラックバック一覧です: 公立高校入試出願変更最終日:

« 国公立大学の倍率中間発表 | トップページ | 終わったのに・・・ »