2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 離れた授業 | トップページ | すぐ答えを・・・ »

通知表のコメント

Photo

07年2月10日の北海道新聞37面の記事になります。
通知表のコメントを小樽市内の市立小学校少なくとも6校で、全学年・全クラスの担任が何も記入していない学期があったという記事です。

先生からの評価を知る機会はあまりないわけですから、コメントを書く書かないは自由かもしれませんが、保護者の立場としては書いて欲しいと思うのは普通だとは思う。小樽の学校と言えば、いじめのアンケートも拒否していたのは記憶に新しい。小樽の学校(先生)は、なんかおかしいと思われてもしょうがないかもしれません。

さて、通知表のコメントについてですが、これって本当に必要なんでしょうか。
学期末に先生が適当に義務として適当に行うのであれば、むしろいらないように思うのです。実際に、通知表を保護者の方の場合は、自分のお子さんの分を見る程度だと思うので、他の子と比較したりといった経験は無いでしょう。
塾の先生という立場上、何人もの通知表を目にする機会があるのですが・・・通知表のコメントをハンコで済ましている先生もいます。「進級おめでとうございます。新しい学年でもがんばってください。」とコメント欄の1行分にちょうどのものを用意して毎年使っているとわかるようなコメント。最近は、パソコンで印刷調整が細かくできますから、コメント欄にみんな同じコメントを直接印刷する先生もいます。「進級おめでとうございます。」程度なら書かなくてもいいように思うのですがどしょう。
学年末のコメントは、学年末でいろいろ先生も忙しいので、ハンコでも、印刷でも、しょうがないと納得したとしましょう。他の学期はきちんとコメントしてくれれば・・・でも、ひとりひとりのコメントは違ってもみんな同じだったりします。「○○係(委員)として、みんなを引っ張ってくれました。2学期は学習面での飛躍を期待します。」といったように、○○係(委員)の部分だけ書き換えて終わりの先生って多いんですよね。どんな保護者の方も夏休みには勉強はがんばってもらおうと思ってますから、そっちばかり気になりますし。ほとんどみんな同じでも良いんですよね。
2学期は学校行事がたくさんありますからこんな感じになります。「学校祭では○○の役(担当)として貢献してくれていました。また、合唱コンクールでは、××のパートをがんばっていました。冬休みには苦手な△△の復習をしっかりとしましょう。」コメントの内容は前後したりしていますが、ほとんどみんな同じ内容に驚いたことがありますが、これってひとりひとりをちゃんと見ているのだろうかと疑問に思うことが多いのです。
もちろん、きちんと書いている先生もいらっしゃいますが、30人以上にもなれば、ひとりひとりのためのコメントって難しくなるのかもしれません。コメントでさえ、このような感じであれば、進路指導などは・・・。塾にも同じことが言えそうですから、気をつけていかなければいけませんね。

« 離れた授業 | トップページ | すぐ答えを・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85812/14786478

この記事へのトラックバック一覧です: 通知表のコメント:

« 離れた授業 | トップページ | すぐ答えを・・・ »